Help us understand the problem. What is going on with this article?

UbuntuでEFSをマウントする

概要

 Amazon Linuxでは多かったですが、Ubuntuでの解説がなかなか見つからなかったので、書いてみました。

EFS作成

 この辺は情報が多いので、割愛します。

セキュリティグループの設定

EFSのページにあるセキュリティグループを確認する。

WS000002.JPG

EFSのマウントターゲットのSecurityGroupに対して、EC2インスタンスからのNFSを許可する。

 NFS、ポート番号2049を選択し、EFSに設定したセキュリティグループ名を入力します。
WS000000.JPG

amazon-efs-utilsをインストール

binutilsをインストール

$ sudo apt-get -y install binutils

ソースコードを GitHub から取得

$ git clone https://github.com/aws/efs-utils
$ cd efs-utils

RPM パッケージをビルド&インストール

$ ./build-deb.sh
# パッケージの確認
$ ls ./build/amazon-efs-utils*deb

DEV パッケージをビルド

# DEV パッケージをインストール
$ sudo apt-get install -y ./build/amazon-efs-utils*deb
...
Setting up amazon-efs-utils (1.3) ...
Processing triggers for libc-bin (2.23-0ubuntu10) ...
Processing triggers for systemd (229-4ubuntu21.2) ...
Processing triggers for ureadahead (0.100.0-19) ...
$

マウントを実施

DNS名を確認します。

WS000001.JPG

ディレクトリを作成します。

sudo mkdir /mnt/efs

マウントを実行します。

sudo mount -t efs <DNS名>:/ /mnt/efs

起動後に自動マウントを行う場合

/etc/fstabを編集

sudo vi /etc/fstab

以下を追記します。

<DNS名>:/ /mnt/efs efs defaults,_netdev 0 

確認

df -h

以上です。

参考

 以下のサイトを参考にさせて頂きました。ありがとうございます。
https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/install-amazon-efs-utils/
https://dev.classmethod.jp/etc/20181209-efs/

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away