Help us understand the problem. What is going on with this article?

Mac用 Laravelをインストールする

Composerを使ったLaravelのインストールの仕方を紹介します。
Mac向けに書いておりますのでWindowsの方とは方法が異なります。

0. Homebrewインストール

Homebrewがなければインストールします。
インストールされている方は次に進んでください。

0-1. インストール

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

0-2. バージョン確認

$ brew -v
Homebrew 2.1.11

1. Composerインストール

1-1. Composerをインストール

$ brew install composer

1-2. Composerのバージョンを確認

$ composer -v

入力後、下記のようなのが出力されるはずです。

   ______
  / ____/___  ____ ___  ____  ____  ________  _____
 / /   / __ \/ __ `__ \/ __ \/ __ \/ ___/ _ \/ ___/
/ /___/ /_/ / / / / / / /_/ / /_/ (__  )  __/ /
\____/\____/_/ /_/ /_/ .___/\____/____/\___/_/
                    /_/
Composer version 1.9.0 2019-08-02 20:55:32

2, Laravelインストール

2-1. Laravelインストーラーをダウンロード

$ composer global require "laravel/installer"
  • 確認
$ cd ~/.composer/vendor/bin
$ ls
~/.composer/vendor/bin
laravel@

2-2. 端末で、Laravelコマンドが実行できるようする

端末で、laravelコマンドが実行できるように、~/.composer/vendor/bin ディレクトリーへPATHを通してください。

$ export PATH="$PATH:/Users/<UserName>/.composer/vendor/bin"

デフォルトでパスを通す場合は、~/.bashrc~/.bash_profileに上記のコマンドを記述する。
記述後は編集したファイルに対してsourceコマンドを実行する。

$ source ~/.bashrc
$ source ~/.bash_profile

2-3. バージョン確認

Laravelコマンドが打てるようになったのでバージョンを確認します。

$ laravel -v
Laravel Installer 2.1.0

インストールが完了したらあとは指定したディレクトリにLaravelプロジェクトを作成します。

3. Laravelプロジェクト作成

ここまでくればあとはLaravelコマンドを叩けば良い。

3-1. 作業用ディレクトリに移動する

今回はデスクトップに作成します。

$ cd ~/Desktop

3-2. ファイルを作成する

~/Desktop
$ laravel new laravel_sample

laravel new <ディレクトリ名>をすると、必要なパッケージが全て揃って、Laravelがインストールされます。

4. 動作確認

4-1. 作成したディレクトリに移動

~/Desktop
$ cd laravel_sample

4-2. ローカル開発サーバーを起動

~/Desktop/laravel_sample
$ php artisan serve
Laravel development server started: <http://127.0.0.1:8000>

ブラウザでhttp://127.0.0.1:8000にアクセスします。

スクリーンショット 2019-09-05 18.50.42.png

上記の画面が出れば成功です。

4-3. 任意のポートで起動する

デフォルトでポート8000が設定されていますが、既に使用済みであるか、この方法で複数のサーバーを建てたい場合は、対象のポート番号を指定します。
その場合は、--port引数を使えばいいだけです。

$ php artisan serve --port=8080
Laravel development server started: <http://127.0.0.1:8080>

さいごに

あとは作成した作業ディレクトリでLarabelを使い開発するだけ!
楽しいLarabelライフを!


参考資料:Laravel 4.2 Laravelクイックスタート

S-Masakatsu
現在は、情報系専門学生として活動しています。 今春からWEB系エンジニアとして勤務します。 普段はサーバサイドメインでやっていますが、学生最後の制作でフロントを担当しました。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした