Edited at

Pythonの基礎知識

More than 3 years have passed since last update.


Pythonの基礎知識


スライスを利用した並び替え

例題00."stressed"の文字列を逆順に並び替える。


q00.py

#! usr/bin/pyenv python

# _*_ cording utf-8 _*_

word = "stressed"
print(word[::-1])


q00.pyの出力結果

desserts


Point

スライスを用いる。

スライスは、ある文字列の一部、または全部を抜き出すことができる。



word[(始点):(終点):(ステップ数)]



wordの始めから終わりまで全てを選択したい場合は、始点と終点は省略できる。


スライスを利用した抽出表示

例題01."パタトクカシーー"の文字列の奇数番目の文字を出力する。また、偶数番目の文字を出力する。


q01.py

#! usr/bin/pyenv python

# _*_ cording utf-8 _*_

word = "パタトクカシーー"

# 奇数番目の文字を抽出
extract1 = word[::2]
print(extract1)

# 偶数番目の文字を抽出
extract2 = word[1::2]
print(extract2)



q01.pyの出力結果

パトカー

タクシー

Point

 スライスを用いる場合には、文字列が確実に決まっている場合を除いて、始点や終点は省略するとよい。


zip関数を用いて、複数のオブジェクトを同時にループで処理

例題02."パトカー"と"タクシー"を先頭から交互に連結していき、"パタトクカシーー"を表示する。


q02.py

#! usr/bin/pyenv python

# _*_ cording utf-8 _*_

word1 = "パトカー"
word2 = "タクシー"
linking = ""

for (str1, str2) in zip(word1, word2):
linking += (str1 + str2)
print(linking)



q02.pyの出力結果

パタトクカシーー


Point

 pythonでは、zip関数を用いることで複数のオブジェクトを同時にループで処理することができる。だが、複数のオブジェクトの場合、要素数が少ない方に実行回数が合わせられる。