ConcourseCI

ConcourseCIでチーム(team)作成時にGithub認証を設定する

多分何回もやると思うので備忘録

内容

ConcourseCIで新しいチーム作成時にGitHub認証(OAuth)を設定します。

前提

  1. ConcourseCIのURLを http://192.168.0.2 とします。

手順

GithubでOAuth Appを設定する

image.png

右上のドロップダウンメニューからSettingsを選択します。

image.png

左側のメニューリストからDeveloper settingsを選択します。

image.png

  • (1)左側のメニューからOAuth Appsを選択します。
  • (2)New OAuth Appを選択します。

image.png

  • (1)連携先のアプリケーション名(今回はPrivateConcourse)を設定します。
  • (2)認証後のリダイレクト先を指定します。
    • http(s)://ConcourseCIのDNS名/auth/github/callback
    • 今回は192.168.0.2ConcourseCIのDNS名(IPアドレスじゃねえかというのは置いておきます)です。
  • (3)Register applicationボタンをクリックします。

登録されたOAuth Aps(PrivateConcourse)Client IDClient Secretを後で使用します。
image.png

ConcourseCIで新しいチームを作る

$ fly -t home set-team -n health_check \ ...(1)
     --github-auth-client-id $client_id\ ...(2)
     --github-auth-client-secret $client_secret \ ...(3)
     --github-auth-user Fufuhu ...(4)
  • (1) 新しいチーム名としてここではhealth_checkを指定しています。
  • (2) $client_idには先ほど確認したGithubのOAuth AppのClient IDを指定します。
  • (3) $client_secretには先ほど確認したGithubのOAuth AppのClient Secretを指定します。
  • (4) GitHubのユーザ名を指定します。今回は自分のアカウントを指定しています。
    • ここでは利用するオプションを変更することでteamやorganizationを指定することもできます。

ConcourseCIでログインしてみる

ConcourseCIのURL(ここでは、http://192.168.0.2)にアクセスします。

image.png

(1)画面右上のloginリンクをクリックします。
(2)ログイン先のチーム名(health_check)を選択します。

下のような画面に遷移するので、login with GitHubボタンをクリックすると、
ログインできます。

image.png

※ まだGitHubでログインしていない場合は、GitHubのログイン画面が表示されるので、
そのまま画面表示にそってログインしてください。