79
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

TypeScriptの型と基本的な書き方

typescriptの型と宣言方法

型が存在していて、明示的にどの型を使うかを指定できる

String型

// 文字列以外を代入するとコンパイルエラーが発生
var s: string = 'str'

Number型

// 数値以外を代入するとコンパイルエラーが発生
var n: number = 123

Boolean型

// 真偽値以外を代入するとコンパイルエラーが発生
var b: boolean = true

Any型

// 従来のjavaScriptの変数型(コンパイルエラーにならない)
var a: any = 'any'

配列の宣言

// string型の配列
var fruits: string[] = ['apple', 'orange', 'grape'];

// number型の配列
var numbers: number[] = [1, 10, 100, 1000];

連想配列の宣言

// keyがstring型の連想配列
var hash1: { [key: string]: string; } = {};

// 値を格納
hash1['a'] = 'a'; 


// keyがnumber型の連想配列
var hash2: { [key: number]: string; } = {};

// 値を格納
hash2[1] = 'b'; 


// 型未指定の連想配列
var hash3: { [key]: string; } = {};

// 値を格納(string/numberどっちもいける)
hash3['a'] = 'c'; 
hash3[1] = 'd';

インタフェース宣言

interface HumanInterface{
    name: string,
    age: number,
    gender: string,
}

クラスの宣言

class Taro {    

    name: string
    age: number
    gender: string

}

// インターフェースをimplemtntsすることもできる
class Taro implements HumanInterface{

    name: string
    age: number
    gender: string

}

終わりに

ざっと書いてしまったので、クラスやインターフェースについては別記事で詳しくまとめたいと思います。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
79
Help us understand the problem. What are the problem?