search
LoginSignup
36

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

FlutterFireがアップデートしたからMigration Guideに沿って修正した記録

FlutterFire(FlutterでのFirebaseファミリー)がアップデートし、複数のFirebaseパッケージを使用していたので対応しなければならなくなりました。

アップデートすべきパッケージが多かったのと、破壊的変更があるとのことで身構えていました。
しかし、丁寧な公式ドキュメントもあり、僕の場合は問題なく追従することができました。

公式ドキュメント:Migration Guide | FlutterFire

なので、☝️のマイグレーションガイドを見るのが一番確実で分かりやすいと思います!
しかし、今回記録を取りながら対応したので備忘録としてここに残すことにしました。

環境

  • Flutter: 1.20.2
  • Xcode: 10.15
  • Visual Studio Code: 1.48.0

各パッケージのアップデート

どのパッケージをどのバージョンにアップデートすべきかはマイグレーションガイドにハッキリと書かれているのでそれに合わせるだけでした。
一応、僕の環境ではこんな感じ

※monoさんの firestore_refを使わせていただいているので併せてアップデートしています。

Androidのbuild.gradleを編集

android/build.gradlecom.google.gms:google-servicesのバージョンを最新化するように書いてあったため、3.2.1 を 4.3.3に修正しました。

image.png

android/build.gradle
    dependencies {
        classpath 'com.android.tools.build:gradle:3.6.1'
        classpath "org.jetbrains.kotlin:kotlin-gradle-plugin:$kotlin_version"
        classpath 'com.google.gms:google-services:4.3.3' // ここを変更!
        classpath 'io.fabric.tools:gradle:1.28.0' // Crashlytics
    }

Firebaseの初期化処理を追加

Firebaseの各サービスを使う前にFirebase.initializeApp()を実行しておく必要があります。
僕は以下のようにrunApp(Widget app)前に、(非同期なので)await で実行するようにしました。

void main() async {
  WidgetsFlutterBinding.ensureInitialized();
  // Firebaseの各サービスを使う前に初期化を済ませておく必要がある
  await Firebase.initializeApp();
  runApp(const App());
}

monoさんに教えていただきましたが、公式のexampleでもそうしているようです。

実装コードの修正

Firestore

Firestoreのインスタンスを取得する時の書き方が変わった。

// Before
Firestore.instance;
// After
FirebaseFirestore.instance;

スナップショット等のdataがゲッターではなくメソッドになった。

// Before
snapshot.data;
// After
snapshot.data();

スナップショット等から取得するdocumentIDidという名前になった。

// Before
snapshot.documentID;
// After
snapshot.id;

アップデートのメソッド名が短くなった。

// Before
updateData(Map<String, dynamic> data);
// After
update(Map<String, dynamic> data);

DocumentReferenceを取得するメソッド名が短くなった。

// Before
document([String path]);
// After
doc([String path]);

List<QueryDocumentSnapshot>を取得するゲッター名が短くなった。

// Before
List<QueryDocumentSnapshot> get documents
// After
List<QueryDocumentSnapshot> get docs

set の merge パラメータがSetOptionsを使うようになった。

// Before
setData(Map<String, dynamic> data, [Bool merge])
// After
set(Map<String, dynamic> data, [SetOptions options])
// e.g.
.set(
  data,
  SetOptions(merge: true),
)

Authentication

サインイン中ユーザーを取得するメソッドがゲッターになり、非同期ではなくなった。

// Before
await FirebaseAuth.instance.currentUser();
// After
FirebaseAuth.instance.currentUser;

一見、非同期ではなくなり嬉しいのですが、注意点もあるそうです。僕もアプリ起動時にサインイン状態かを判定しているので、ここの挙動は注意深く見ていきたいと思います🙏

ユーザーの型名がUserになった。

// Before
FirebaseUser
// After
User

onAuthStateChanged ゲッターがauthStateChangesメソッドになった。

// Before
onAuthStateChanged;
// After
authStateChanges();

userChangesが追加された。

https://pub.dev/documentation/firebase_auth/latest/firebase_auth/FirebaseAuth/userChanges.html
onAuthStateChangedがユーザーのサインイン状態(サインインやサインアウトなど)の変更についてだけ通知するのに対してidTokenChangesの機能も含んだスーパーセットということでしょうかね?

// 使用例
_auth.userChanges().listen((user) {
  state = user;
});

AuthResultの型名が変更された。

// Before
AuthResult
// After
UserCredential

OAuthProviderが引数名なしになった。

// Before
OAuthProvider({String providerId})
// After
OAuthProvider(String providerId)

getCredentialのメソッド名からgetがなくなった。

// Before
getCredential({String accessToken, String idToken, String rawNonce})
// After
credential({String providerId})

unlinkFromProviderのメソッド名が短くなった。

// Before
unlinkFromProvider(String providerId)
// After
unlink(String providerId)

FirestoreWeb も FirebaseFirestoreWeb に

// Before
FirestoreWeb
// After
FirebaseFirestoreWeb

以上は僕が対応必要だったところだけ書き残しただけなので、実際にはもっとたくさんの変更があります。
Migration Guide | FlutterFireにすべて書いてありますので上から順に対応していくのが良いかと思います!

ご閲覧ありがとうございました!

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
36