JavaScript
OTP
パスワードなし
ログイン機能
SMS認証

Webサイトへ2要素認証を導入、パスワード無しでサインアップ、ログイン機能を実装!!!

この記事では、RingCaptchaの電話番号認証を使って、パスワード無しでのサインアップ、ログイン機能の実装方法を紹介します。


ステップは3つあります。


  1. HTML divクラスをサインアップ、ログインページの表示させたい箇所に追加
  2. RingCaptchaのアカウント作成
  3. Javascriptのスクリプトをサインアップ、ログインページに追加

ステップ 1. 下記divタグをサインアップ、ログインページの表示させたい箇所に追加して下さい。


  • HTML divクラスをサインアップ、ログインページの表示させたい箇所に追加します。(既存のサインアップ、ログインフォームより前に追加することをお勧めします。)
<html><body><div id=”widget-point”></div><script src="https://code.jquery.com/jquery-3.1.1.min.js"></script>
   <script src="https://s3.amazonaws.com/ringcaptcha-test/widget/jwt-20180226-b/bundle.js"></script>
 </body>
</html>

ステップ2. RingCaptchaのアカウント作成


  • RingCaptchaアカウント開設から導入まで。
    Ringcaptchaについてはこちらをご確認下さい。https://ringcaptcha.com/ja
    こちらからRingCaptchaのアカウントを作成して下さい。 https://my.ringcaptcha.com/register
    メール認証完了後、RingCaptchaへログインし、アプリを作成します。

  • ‘Create New App’をクリックします。

Ringcaptcha_createnew_app1.png

  • 次の画面で、オレンジ色の‘Create new’をクリックします。

RingCaptcha_create_new2.png

  • Step 1の‘App Type’ で ‘Web’を選択します。
  • Step 2で、あなたのサービスのドメインネームを入力します。
  • 最後に、オレンジ色の ‘Create App’をクリックします。

RingCaptcha_create_app.png

  • 次に作成したアプリの右側にある、歯車のマークをクリックします。

RingCaptcha_customize.png

  • ポップアップの「ADVANCED」をクリックします。
  • 表示されるリストの中から'Enable User Management integration'を探し、チェックして下さい。

RingCaptcha_customize_App.png

  • AppKey1をメモします。このApp Keyはステップ3.で使用します。
  • AppKey2を取得する為に、画面右下の吹き出しマークをクリックして、
  • "I want to get AppKey2 for user management"と入力して下さい。
  • AppKey2をご連絡致します。AppKey2を取得したら、ステップ3.へ進みます。

RingCaptcha_App_Key.png

ステップ3. スクリプトをサインアップ、ログインページに追加します。


  • サインアップフォーム

  • 下記のJavascriptを、あなたのサインアップページに追加して下さい。

  • ステップ2.で取得したAppKey1を下記コードのAppKey1と置き換えて下さい。

Signup
<script>
$(document).ready(function() {
    $('#widget-point').append(
      '<div id="xyz" data-widget data-locale="ja" data-mode="signup" data-type="dual"></div>'
    );
    $('#xyz').each(function() {
      var appKey = "App Key 1";        //ステップ2.で取得したAppKey1と置き換えて下さい。
      var settings = $(this).data();
      settings.app = appKey;
      settings.events = {
        signup: function(event, formValues) {
          console.log("Signup: formValues:", formValues);
        }
      };
      settings.form = [
        {
          id: 'email',
          type: 'email',
          placeholder: 'メールアドレス',
          validations: {
            presence: 'メールアドレスを入力して下さい。',
            format: { message: '無効なメールアドレスです。' }
          }
        },
        {
          id: 'phone',
          type: 'phone',
          validations: {
            length: { min: 5, max: 15, message: '無効な電話番号です。' }
          }
        }
      ];
      settings.userManagement = true;
      new RingCaptcha.Widget(this, settings.app, settings);
    });
  });
</script>
  • ログインフォーム

  • 下記のJavascriptを、あなたのログインページに追加して下さい。

  • ステップ2.で取得した、AppKey1,AppKey2を下記コードのAppKey1,AppKey2と置き換えて下さい。

Login
<script>
$(document).ready(function() {
    $('#widget-point').append(
      '<div id="xyz" data-widget data-locale="ja" data-mode="login" data-type="dual"></div>'
    );

    $('#xyz').each(function() {
      var appKey = 'App Key 1';              //ステップ2.で取得したAppKey1と置き換えて下さい。     
      var userManagementAppId = 'App Key 2'; //ステップ2.で取得したAppKey2と置き換えて下さい。
      var settings = $(this).data();
      settings.app = appKey;
      settings.events = {
        login: function(event, formValues) {
        console.log("Login: formValues:", formValues);
        }
      };
      settings.form = [
        {
          id: 'email',
          type: 'text',
          placeholder: 'メールアドレス'
        },
        {
          id: 'pin', 
          type: 'pin'
        }
      ];
      settings.userManagement = true;
      settings.phoneLogin = true;
      settings.userManagementAppId = userManagementAppId;

      new RingCaptcha.Widget(this, settings.app, settings);
    });
  });
</script>

まとめ


たったこれだけでのコーディングで、パスワード無しでサインアップ、ログイン機能を実装出来ました。
RingCaptchaの詳細はこちらから、ご確認出来ます。https://ringcaptcha.com/ja