Edited at

macOS で GitHub にGPG署名付きでコミットできるようにする

More than 1 year has passed since last update.

macOS に向けて書いてますがLinux でもやることは殆ど変わりません。


必要なライブラリをインストール

brew install gnupg gpg-agent pinentry-mac


PATH を追加


~/.zshenv

typeset -U path PATH

path=(
/usr/local/opt/gnupg/libexec/gpgbin(N-/)
$path
)


GPG 署名を作成する

$ gpg --gen-key


gitに署名を設定する

$ gpg --list-secret-keys --keyid-format LONG

/Users/ress/.gnupg/secring.gpg
------------------------------
sec 4096R/XXXXXXXXXXXXXXXX 2016-10-11
uid Aoi Tachibana (ress997) <39e@users.noreply.github.com>
ssb 4096R/YYYYYYYYYYYYYYYY 2016-10-11

上の中の XXXXXXXXXXXXXXXX という部分が署名のIDです。これを以下のコマンドで gitconfig に追加します。

$ git config --global user.signingkey XXXXXXXXXXXXXXXX

次に、gpg コマンドのパスを以下のコマンドで設定します。

$ git config --global gpg.program $(which gpg)

最後に、以下のコマンドで自動的に署名付きでコミットするように設定します。

$ git config --global commit.gpgsign true


GitHub に署名の公開鍵を登録

以下のコマンドで公開鍵を取得してください。

$ gpg --armor --export $(git config --get user.signingkey) | pbcopy

取得した公開鍵をコピーして下記のURLにアクセスし登録します。


参考