Help us understand the problem. What is going on with this article?

曲線スナップを使用して絵を描いてみる

More than 1 year has passed since last update.

FireAlpacaの曲線スナップを使って絵を描く

はじめに

この記事はSLP KBIT Advent Calender 2018の8日目の記事である。プログラミングに関して特に書けることが無かったので普段どのように絵を描いているのかを紹介する。
このような記事を書くのは初めてなので分かりづらい点はあるかもしれませんが、どうかご了承ください。

準備するもの

・FireAlpacaが使用できるPC(必須)
・スキャンが行えるプリンター
・イラストの下書き

FireAlpaca

FireAlpaca[ファイア アルパカ]は、世界10言語、Mac/Windows 両対応のフリーペイントツールです。シンプルな機能と操作性で、初心者でも気軽にイラスト製作が楽しめます。(FireAlpaca公式サイトより。)
個人的に、今まで使用してきたフリーソフトで一番使いやすいです。

曲線スナップ

任意でガイドを調整し、ガイドに沿った線を引くことができるツール。
作成したガイドは移動、回転、反転が可能。
PC上にフリーハンドで奇麗に線が引けない人におすすめ。
詳しい解説はこちら

FireAlpacaに画像を入れてみる

下書き↓

あらかじめ用意した下書きをプリンターでスキャンして、
その画像をFireAlpacaで開く。

s1.png

余白は選択ツールを使ってトリミングして削っても良い。

曲線スナップを使ってみる

曲線スナップを使う前に、新規レイヤーを絶対に作ること。
(下書きと同じレイヤーに線を引くと色塗りの時に困る)
s7.png
曲線スナップをクリックするとガイドを作成できるようになり、任意の曲線を引けるようになる。同じ個所をダブルクリックすると、そこが終点となる。

s2 2.png
このように、下書きの上にガイドを作成すると、
s3 2.png
奇麗になぞることが出来る。
線の太さに強弱を出したい場合、『ペン(入り抜き)』を使うと良い。

あとは上の手順を繰り返して、下書きの全ての線をなぞる。
s4.png
ここまでくるとあとは色塗りです。

イラストを完成させる

線画が完成したら、それより下に色塗り用の新規レイヤーを作成し、とりあえずベタ塗りしてみる。最初に使用していたスキャンした画像があるレイヤーは非表示にすると良い。
s5.png

あとはキャラの影や光沢、背景を付け加えていく。
曲線スナップは下書きをなぞるだけではなく、色塗りのための境界線を描いたりするときにも使える。
k1.png
k2.png
k3.png
特に、アニメ塗りをする際は曲線スナップはかなり便利だと思う。
また、レイヤーの合成モードを『通常』から『乗算』や『加算・発光』などに変更したり、不透明度を変更して見映えをよくしましょう。

完成図

kansei.png

まとめ

ペンタブや液タブを使うのがどうしても難しい時は一度曲線スナップを試してみてはいかがでしょうか。多少時間はかかるかもしれませんが、ある程度は描くことが出来ます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした