はじめに

Ethereumフォークで国産の仮想通貨「Nekonium」のマイニングプールを構築する方法を記載します。
オープンソースのEthereumマイニングプール「Open Ethereum Pool」をNekonium用に独自にカスタマイズした「Open Nekonium Pool」を使用します。

手順

サーバーの準備

ドメインの取得

ドメインが必要な場合は、ドメイン取得代行サイトで任意のドメインを取得してください。
以前「Nekoniumのパブリックノードを立ててみよう その1」において、バリュードメインで「nekonium.site」というドメインを取得しましたので、そちらを活用します。
6f8a0b14a8ebedac1a4f06f79d869909.png

サーバーの用意

Linuxサーバーを立ち上げます。
今回AWSの「Ubuntu Server 16.04 LTS (HVM), SSD Volume Type」を選びました。
インスタンスタイプはとりあえず「t2.small」にしておきます。

5ba27a6b8503cd2597f5405aa3f0a498.png

2957d9967ab8f48534115b78c48f41dc.png

固定IPの取得

インスタンスが立ち上がったら、「Elastic IP」でグローバル固定IPを取得します。
今回は「54.250.71.179」が割り当てられました。

25c3837c292cd288d1cb3764e591a67e.png

72bfaeee6a2f4d264bd7b6503a8fd729.png

固定IPを関連付ける

「アクション」から、先ほど作成したインスタンスにグローバル固定IPを割り当てます。

365c67cb583b40b5c03345c0d50eb361.png

7621fc71fba839a3e5d30a01e1f3f7f1.png

ファイアウォールの設定

「セキュリティグループ」のインバウンド設定から、今回マイニングプール用に公開する「80」「8080」「8008」「8888」ポートを空けておきます。

092cfc786d31cf4e727b10de26f50abe.png

1837275f3f88e6bad15a98b9734c04bf.png

DNSの設定

今回割り当てられたグローバル固定IPをドメイン名に紐付けます。
バリュードメインのDNS設定からAレコードの「nuko」を「54.250.71.179」に設定します。
13c92210f652f010850188b699672e0d.png

サーバーの設定

インスタンスへの接続

Windowsの場合は「PuTTY」を使用します。詳しい接続方法はAWSのページを参照してください。
Linux インスタンスへの接続 - AWS Documentation
9a8f8d2c537f559ac468f09052fe5a8f.png


ab7c4cc2774f32febd5961a870c946ef.png

Ubuntuのアップデート

ログインができたら、まずUbuntuをアップデートして再起動します。
sudo apt-get update
sudo apt-get dist-upgrade
sudo reboot

build-essentialとmakeのインストール

下記コマンドを実行してbuild-essentialおよびmakeをインストールします。
sudo apt-get install build-essential make

GoLangのインストール

下記コマンドを実行してGoをインストールします。
wget https://storage.googleapis.com/golang/go1.9.2.linux-amd64.tar.gz
sudo tar -xvf go1.9.2.linux-amd64.tar.gz
sudo mv go /usr/local
export GOROOT=/usr/local/go
export PATH=$GOPATH/bin:$GOROOT/bin:$PATH
export GOPATH=$HOME/go
go version と入力してgo version go1.9.2 linux/amd64と出力されればインストール成功です。

Redisのインストール

wget http://download.redis.io/redis-stable.tar.gz
tar xvzf redis-stable.tar.gz
cd redis-stable
make
sudo cp src/redis-server /usr/local/bin/
sudo cp src/redis-cli /usr/local/bin/
sudo mkdir /etc/redis
sudo mkdir /var/redis
sudo cp utils/redis_init_script /etc/init.d/redis_6379
sudo cp redis.conf /etc/redis/6379.conf
sudo vi /etc/redis/6379.conf 6379.confを編集します。

6379.conf
<中略>

daemonize no → daemonize yes に変更

<中略>

dir ./ → dir /var/redis/6379 に変更

sudo mkdir /var/redis/6379
sudo update-rc.d redis_6379 defaults
sudo /etc/init.d/redis_6379 start

これでRedisサーバーが起動します。

redis-cliと入力して、pingと打つとPONGが表示されれば正常に稼働しています。

redis-cliを終了する場合はexitと入力します。

nginxのインストール

下記コマンドを実行してnginxをインストールします。
cd ~/
sudo apt-get install nginx

nodejsのインストール

下記コマンドを実行してnodejsをインストールします
cd ~/
sudo apt-get install nodejs
sudo ln -s `which nodejs` /usr/bin/node
nodejs -vと入力すると、バージョンが確認できます。

npmのインストール

下記コマンドを実行してnpmをインストールします
sudo apt-get install npm

gnekoniumのインストール

下記コマンドを実行してgnekoniumをインストールします。
cd ~/
mkdir nekonium
cd nekonium
git clone https://github.com/nekonium/go-nekonium
※もしgitがインストールされていない場合は、sudo apt-get install gitを実行して下さい。
cd go-nekonium
export GOROOT=/usr/local/go
export PATH=$GOPATH/bin:$GOROOT/bin:$PATH
export GOPATH=$HOME/go
make gnekonium

gnekoniumの初回起動

ブロックチェーンの同期

下記コマンドを実行してブロックチェーンの同期を行います。
build/bin/gnekonium --fast --cache=512 console
少し時間がかかります。(15分くらい)

同期終了

Fast sync complete, auto disablingと表示されれば同期が成功したことになります。

プール用アドレスの作成

上記セッションを維持したまま、別セッションで下記コマンドを実行してプール用のNekoniumアドレスを作成します。
cd nekonium/go-nekonium
build/bin/gnekonium account new
パスワードを求められますので、入力して忘れないようにしてください。

Address: {c96e68c38de383e78a48419469ead845bd4b9161}
のように表示されれば、プール用アドレスの作成は完了です。
※この場合、実際のアドレスは頭に「0x」をつけ、「0xc96e68c38de383e78a48419469ead845bd4b9161」となります

マイニングプールの設定

Open Nekonium Pool のインストール

下記コマンドを実行してOpen Nekonium Poolをインストールします。
cd ~/
git clone https://github.com/ROZ-MOFUMOFU-ME/open-nekonium-pool.git
cd open-nekonium-pool
export GOROOT=/usr/local/go
export PATH=$GOPATH/bin:$GOROOT/bin:$PATH
export GOPATH=$HOME/go
make
cp config.example.json config.json
vi config.json 必要に応じてconfig.jsonファイルを編集します。

config.json

<中略>

 "unlocker": {
                "enabled": true,
                "poolFee": 1.0,
                "poolFeeAddress": "0xで始まるFee(手数料)を受け取るアドレス",
                "donate": true,
                "depth": 120,
                "immatureDepth": 20,
                "keepTxFees": false,
                "interval": "10m",
                "daemon": "http://127.0.0.1:8293",
                "timeout": "10s"
        },

        "payouts": {
                "enabled": true,
                "requirePeers": 5,
                "interval": "120m",
                "daemon": "http://127.0.0.1:8293",
                "timeout": "10s",
                "address": "0xで始まるプールのアドレス",
                "gas": "21000",
                "gasPrice": "30000000000",
                "autoGas": true,
                "threshold": 500000000,
                "bgsave": false
        },

<中略>

vi www/config/environment.js environment.jsファイルを編集します。

environment.js
<中略>

    APP: {
      // API host and port
      ApiUrl: '//nuko.nekonium.site:8080/',

      // HTTP mining endpoint
      HttpHost: 'http://nuko.nekonium.site',
      HttpPort: 8888,

      // Stratum mining endpoint
      StratumHost: 'nuko.nekonium.site',
      StratumPort: 8008,

<中略>

プールの起動

gnekoniumパスワードファイルの作成

一度全てのセッションを閉じて、新しくセッションを開き、下記コマンドでパスワードファイルを作成しておきます。

cd nekonium/go-nekonium/
vi password

<プール用アドレス作成時のパスワード>

gnekoniumの起動

仮想ターミナルなどを使用してgnekoniumを起動します。
tmux new -s gnekonium
./build/bin/gnekonium --rpc --rpcaddr 0.0.0.0 --rpcport 8293 --unlock 0 --password password

Open Nekonium Pool の起動

仮想ターミナルなどを使用してOpen Nekonium Poolを起動します。
cd ~/
cd open-nekonium-pool
tmux new -s open-nekonium-pool
./build/bin/open-nekonium-pool config.json

フロントエンドの構築

下記コマンドを実行して、フロントエンドの設定をします。
cd www
sudo npm install -g ember-cli@2.9.1
sudo npm install -g bower
npm install
bower install
./build.sh

nginxの設定

defaultファイルの設定

下記コマンドを実行して、nginxの設定をします。
cd ~/
cd /etc/nginx/sites-enabled
sudo vi default defaultファイルを編集します。

upstream api {
     server 127.0.0.1:8080;
}

server {
        listen 80 default_server;
        listen [::]:80 default_server;

        root /home/ubuntu/open-nekonium-pool/www/dist;

        index index.html index.htm index.nginx-debian.html;

        server_name _;

        location / {
                try_files $uri $uri/ index.html =404;
        }

        location /api {
            proxy_pass http://api;
        }
}
nginxの再起動

下記コマンドを実行してnginxを再起動します。
sudo nginx -s reload

http://nuko.nekonium.site/ にアクセスして、
下記のような画面になればプール構築成功です。
10697c7a55d1639d274d0f57e097c4eb.png

おわりに

今回は1インスタンスのみでの簡易的なプール構築方法を記載しましたが、
payoutやunlocker、APIなどはモジュールとして独立して起動することができ、
負荷分散やセキュリティ等の観点から、複数インスタンスでそれぞれ起動することが望ましいです。
また、プール手数料や払い出し間隔、デザインなど、好みで自由にカスタマイズしてみて下さい。

もしプールを構築された場合は、NekoniumのDiscordチャンネルまでご一報頂けますと幸いです。

参考サイト

Setup Ethereum Mining Pool using open source ethereum pool

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.