ShellScript
Mac

【非エンジニア向け】Macでパスワード付きのZipファイルを作る

概要

Macの非エンジニアの人が「パスワード付きのZipファイルを作りたい!!」と言ったときに、毎回「PC貸してください。」と言ってターミナルをがちゃがちゃするのも色々嫌なので、ターミナルの操作をほぼなしでパスワード付きのZipを作るメモ

※ 内容は非常に初歩的なShell Scriptだと思います。

ソースコード

エンジニアの人は、ターミナルを開いて、以下のコマンドを入力してzip.commandというファイルを作成しましょう。

# vim zip.command

vimを開いたら、以下のコードを入力して:wqで保存しましょう。

zip.command
#!/bin/sh

echo "対象ファイル(フォルダ)をドラッグ&ドロップ:"
read in

echo "zipファイルの名称:"
read out

cd $(dirname $in)

zip -e -r $HOME/Desktop/$out $(basename $in)

echo "zipファイルはDesktopに出力されます"

そのままだと実行できないので、ファイルに実行権限を与えましょう。

# chmod +x zip.command

これで完成です。

軽く解説

echo : 画面に出力します。

dirname : 対象ファイルが存在するディレクトリを表示します。

basename : 対象パスのファイル名を抜き出します。

read : キー入力を待つことができます。 out, inと続きますが、それが変数名になりますので$out, $inというように使うことができます。

zip : -rオプションをつけることでファイル/フォルダの両方に対応できます。 -eオプションをつけることでパスワード付きのzipを作ることができます。

使い方

  1. zip.commandをダブルクリックします。すると、ターミナルが開きます。
  2. 出力ファイル名を入力:と出たら、出力したいファイル名を入力します。outと入力した場合、out.zipというファイルが生成されます。
  3. 元ファイルをドラッグ・アンド・ドロップしてください:と出たら、ZipにしたいファイルorフォルダをFinderからドラッグ・アンド・ドロップします。こうすることで、対象ファイルの絶対パスが入力されます。
  4. パスワードを入力します。 (入力したパスワードは表示されないので戸惑う人もいるはず。また管理者パスワードではなく、Zipにかけるパスワードなのでそこも伝える必要がありそうです。)
  5. ファイルが完成します。このプログラムではDesktop上に作られるようになっているので、「Desktopにできますよ」と一声かけてあげましょう。

zip (1).gif