Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWSのEC2でインスタンスを作成する手順

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

AWSにインスタンスを作成する方法がよく分からない :disappointed:
⇒ とりまインスタンス作成しながらQiitaにまとめて見よう
(これも一つのアイカツ) 

AWS EC2にインスタンス作ります

Step.1 AWSにログイン

Step.2 EC2のインスタンスを作成する

  • Amazon EC2 ダッシュボードに移動
    opera_2018-08-24_16-42-11.png

  • 右上の「サポート」の左をクリックしてリージョンを選択する(画面では「オハイオ」)
    e18137af-4d51-423a-be75-cfad0f98a393.png

  • 画面中央の「インスタンスの作成」を選択する

Step.3 インスタンスを設定する

  • 1.AMIの選択 - ソフトウェア構成を選択する画面(今回は「Amazon Linux AMI」を採用)
    opera_2018-08-24_16-58-51.png

  • 2.インスタンスタイプの選択 - 仮想サーバーのスペックを選択する画面(今回は「t2.micro」を採用)
    opera_2018-08-24_16-59-44.png

「確認と作成」を押すと一気に 7. まで飛ばされます、ストレージを増やしたい、外部に公開しない等の変更を行う場合は上の番号部分、又は右下の「戻る」から戻れますので、各自設定をしてください、その後 7. へ進んでください。(今回はとりあえず何も設定しない手順で進めます)

  • 7.確認 - 作成するかの確認画面
    opera_2018-08-24_17-05-57.png

    • キーペアの作成をするか問われる画面が出てきます
    • 今回は「新しいキーペアの作成」を行います(既存のが有り、それを使用したい場合は「既存のキーペア選択」から使いたいキーペアを選択してください)
    • キーペア名を入力し、「キーペアのダウンロード」から.pemファイルのダウンロードを行います(注意書きにも書いてますが、再度ダウンロードは不可なので大切に!) opera_2018-08-24_17-23-12.png
  • インスタンスの作成を押したら、画面が切り替わりインスタンス作成中の画面に遷移します(数分かかります)
    opera_2018-08-24_17-25-13.png

  • Amazon EC2 ダッシュボードに戻り左側の、インスタンスのインスタンスから、作成したインスタンスを確認します
    opera_2018-08-24_17-52-34.png

  • ここにある「IPv4 パブリック IP」がインスタンスのIPです(画像では隠しています)

Step.4 インスタンスへの接続

  • PuTTy,Tera Term,Xshell等クライアントソフトを使い、先ほどのIPに接続します
  • 接続する際に、キーペアの設定をした方はダウンロードした「.pem」ファイル(この記事上では「example.pem」を認証に使用して接続をします)
IP : インスタンスの「IPv4 パブリック IP」
PORT : 22

まとめ

本当に初歩的な事しか書いてませんが、分からない人は分からない(自分含め)ので画像を多めに貼って簡単?にまとめてみました。

この部分がよく分からない等があれば、編集を行いますので気軽にコメント宜しくお願いします。

以下を参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした