Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
557
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@Qiita

QiitaでGoogleアナリティクスを利用する手順

QiitaではGoogleアナリティクスのトラッキングコードを埋め込むことができます。

トラッキングコードを埋め込むことで、自分の投稿やマイページなどがどの程度見られているかを把握することができるようになります。

この記事では、Googleアナリティクスでトラッキングコードを取得して、それをQiitaに登録し、確認するまでの手順を解説します。

1. (事前準備)Googleのアカウントを持っていない場合は作る

Google アカウントの作成からGoogleのアカウントを作成します。

2. 新しいアカウントを作る

image.png

ログインしたら、Googleアナリティクス へアクセスし、「無料で設定」リンクよりアカウントを作成してください。

image.png

アカウント名はお好きな名前を入力してください。

image.png

プロパティ名「Qiita」を入力します。レポートのタイムゾーン「日本」通貨「日本円」を選択します。

image.png

詳細オプションを表示をクリックし、ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成有効にします。
ウェブサイトのURLhttps://qiita.comを入力し、ユニバーサル アナリティクスのプロパティのみを作成するを選択します。
ビジネスの概要を入力し、作成は完了です。

3. トラッキングIDをQiitaへ登録する

image.png

サイドメニューの管理をクリックします。

image.png

プロパティ設定を開きます。

image.png

トラッキングIDに表示されている「UA-XXXXX-Y」がトラッキングIDです。

続いてQiitaにこのトラッキングIDを登録します。

QiitaのGoogleアナリティクス設定へアクセスしてください。

image.png

Googleアナリティクスに先ほどのトラッキングIDを入力して更新するをクリックします。
これでトラッキングIDの登録は完了です。

4. 正しく設定できたか確認する

QiitaでアナリティクスのIDを登録できたら試しに自分の記事を表示し、アナリティクスに数値が反映されているか見てみましょう。

記事にアクセス後、Googleアナリティクスで先ほど作ったプロパティの管理画面に戻り、 [リアルタイム] > [概要] へとアクセスください。

Screen Shot 2018-07-19 at 14.04.24.png

正しく設定されている場合、画像のようにアクセス数が反映されていることが確認できます。

557
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Qiita
Qiita公式アカウントです。Qiitaに関するお問い合わせに反応したり、お知らせなどを発信しています。
increments
「エンジニアを最高に幸せにする」ために Qiita、Qiita Team、Qiita Jobs を開発・運営しています。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
557
Help us understand the problem. What is going on with this article?