PHP7.0をLinux素人がインストールする

More than 3 years have passed since last update.


※注意点

この内容はコチラの方の記事を見ながらLinuxド素人の私が作業した内容の記録です。

詳しい内容はリンク先のページに載っていますので、そちらを御覧下さい。

両方の記事を見て補完してもらうような形になっています。

あまりにも素人すぎて解説を見ても躓いたので、これからLinuxを始める人の参考になれば


PHP7.0のインストール手順


リポジトリの追加

# epelを追加

$ sudo yum -y install epel-release
# remiを追加
$ wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
$ sudo rpm -ivh ./remi-release-7.rpm



PHP7.0をインストール

有効なリポジトリを指定して実行

したら上手く入りませんでした。恐らく古いPHPが残っているのが原因?

という事でphpを全て削除!

(後で原因はパスを正しく通せていなかったからと分かりましたが、消した方が良さそうなんでやっぱり削除)

$ sudo yum remove php*

そして改めて有効なリポジトリを指定して実行

$ sudo yum --enablerepo=epel,remi,remi-php70 install php70



パス(環境変数)を設定

/opt/remi/php70/enable にパスを通すための設定が書かれているそうなので、そのままパスを通します。

...ところでパスを通すとは?(;´∀`)

つまりはこういう事

パスを通すための設定とやらを見てみる。

$ cat /opt/remi/php70/enable

なにやら3行ほど書かれているので、それをそのまま入力する

$ export PATH=/opt/remi/php70/root/usr/bin:/opt/remi/php70/root/usr/sbin${PATH:+:${PATH}}

$ export LD_LIBRARY_PATH=/opt/remi/php70/root/usr/lib64${LD_LIBRARY_PATH:+:${LD_LIBRARY_PATH}}
$ export MANPATH=/opt/remi/php70/root/usr/share/man:${MANPATH}

これでインストール終了!

$ php -v

#と入力して下記が出てくればOK細かいバージョン等は違うかもしれません。
PHP 7.0.3 (cli) (built: Feb 3 2016 10:42:03) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies

となれば無事に成功!

なんですが!実は少し変更しておきたいファイルが!

環境変数を

$ export ***~

と入れると、設定はできますが一時的な設定にしかすぎません。

$ exit

してしまうと消えてしまうので、永続的に設定しちゃいましょう。

環境変数はこちらのページを参考にしました。


/etc/profile の最終行に、ユーザー単位の設定方法と同じくコマンドを追記


とあるので、

$ vi /etc/profile

で開いて最終行にさっき入力した3行をexport~から全て追加しましょう。


参考にしたHP