Edited at

[Git] git log の日時を見やすくする


TL;DR

標準出力は日付部分のみを抜粋している。

$ git log

Wed Jul 10 15:59:02 2019 +0900
Tue Jul 16 02:36:47 2019 +0000

$ git log --date=iso-local
2019-07-10 15:59:02 +0900
2019-07-16 11:36:47 +0900

$ git log --date=format-local:'%Y/%m/%d %H:%M:%S'
2019/07/10 15:59:02
2019/07/16 11:36:47


説明

git log で表示される日時は (おそらく多くの日本人にとって) 読みにくい。

$ git log

Wed Jul 10 15:59:02 2019 +0900 # JST
Tue Jul 16 02:36:47 2019 +0000 # UTC

そこで --date オプションでフォーマットを指定する。iso-local (ISO 8601 形式) が読みやすい。

$ git log --date=iso-local

2019-07-10 15:59:02 +0900
2019-07-16 11:36:47 +0900

フォーマットに独自のものを指定したい場合は format-local を使う。format ではなく format-local を使うことで、タイムゾーンがローカルに統一される。

$ git log --date=format:'%Y/%m/%d %H:%M:%S'

2019/07/10 15:59:02
2019/07/16 02:36:47

$ git log --date=format-local:'%Y/%m/%d %H:%M:%S'
2019/07/10 15:59:02
2019/07/16 11:36:47


参考