ゆの in Ruby をやってみた

More than 5 years have passed since last update.

どうも、最近「ひだまりスケッチ」に超絶ハマっています。

そしてたまたま ゆの in language というものを発見したのでやってみました。


yuno_in_ruby.rb

class X

def self./(object)

case
when object == X
print "x365"
when object == Object
print "ひだまりスケッチ"
end

self
end

def self.<(object)
print " #{object}"
end
end

class Object
def _
self.class
end

def 来週も見てくださいね!
__method__
end
end

X / _ / X < 来週も見てくださいね!


うーん、文字の出力に print を使うと


ひだまりスケッチx365 来週も見てくださいね!%


と、末尾に % が付いちゃうなぁ…。

元ネタ も拝見しました。

こんな風にうまくオブジェクト化してやればいいのか。

Ruby だと演算子のオーバーロードが楽なのですごくやりやすいですが、

他の色んな言語でもチャレンジされている方がいてすごいですね。

X / _ / X < よかったら、あなたのゆのっちも見せてくださいね!ひだまり荘で待ってます♪