Help us understand the problem. What is going on with this article?

発掘 TextRange メンバー (Publisher)

More than 1 year has passed since last update.

TextRange メンバー (Publisher)
図形に結合するテキストや、テキストを操作するためのプロパティおよびメソッドが含まれます。ここでは、次の方法について説明します。

メソッド

文字

指定されたテキストの文字のサブセットを表すTextRangeオブジェクトを返します。

折りたたみ

選択を解除します。選択が解除されると、選択開始位置と選択終了位置は等しくなります。

コピー

指定したオブジェクトをクリップボードにコピーします。

切り取り

指定したオブジェクトを削除し、クリップボードに保存します。

削除

指定されたオブジェクトを削除します。
展開します。
指定範囲または選択範囲を拡張します。取得または設定、時間範囲または選択範囲に追加された、指定された単位の数を表す。

InsertAfter

テキスト範囲の末尾に追加されるテキストを表すTextRangeオブジェクトを返します。

InsertBarcode

親TextRangeオブジェクトによって表されるテキスト範囲の末尾には、バーコード フィールドを挿入します。

InsertBefore

指定したテキスト範囲の先頭に文字列を追加します。付加されたテキストを表すTextRangeオブジェクトを返します。引数を指定しないで使用する場合、このメソッドは、指定した範囲の末尾に長さ 0 の文字列を返します。

InsertDateTime

指定したテキスト範囲に挿入されるときの日時を表すTextRangeオブジェクトを返します。

InsertMailMergeField

宛名の差し込みまたはカタログ データの差し込み用のテキスト データ フィールドを表すTextRangeオブジェクトを返します。

InsertPageNumber

文書内のページ番号フィールドを表すTextRangeオブジェクトを返します。

InsertSymbol

指定範囲または選択範囲に挿入される記号を表すTextRangeオブジェクトを返します。

Line

指定された行を表すTextRangeオブジェクトを返します。

Move

開始位置または終了位置に指定した範囲を縮小し、指定された単位数で縮小されたオブジェクトを移動します。このメソッドを返します、時間単位、オブジェクトが実際に移動すると、移動が失敗した場合は、0 (ゼロ) を返しますの数を表す。

MoveEnd

範囲の末尾の文字位置を移動します。このメソッドを返します、長さの単位数を表す範囲または選択範囲が実際に移動、移動が失敗した場合は、0 (ゼロ) を返します。

MoveStart

指定した範囲の開始位置に移動します。このメソッドを返します時間を示す、単位を開始位置または範囲または選択範囲が実際に移動、または、移動が失敗した場合は、0 (ゼロ) を返します。

Paragraph

指定した段落を表すTextRangeオブジェクトを返します。

貼り付け

テキスト クリップボードに、指定したテキスト範囲に貼り付け、貼り付けたテキストを表すTextRangeオブジェクトを取得します.

Select

指定されたオブジェクトを選択します。

単語

指定されたテキストの単語のサブセットを表すTextRangeオブジェクトを返します。

プロパティ

Application

オブジェクト修飾子を付けずにこのプロパティは Publisher の現在のインスタンスを表すApplicationオブジェクトを返します。オブジェクト修飾子を使用すると、このプロパティは、指定したオブジェクトの作成元を表すApplicationオブジェクトを返します。OLE オートメーション オブジェクトと共に使用すると、オブジェクトのアプリケーションを返します。

BoundHeight

単一ポイントは、指定したテキスト範囲の境界ボックスの高さを示す値を返します。読み取り専用です。

BoundLeft

1 つで指定したテキスト範囲の境界ボックスの左端の一番左のページの左端からポイント単位の距離を示す値を返します。読み取り専用です。

BoundTop

1 つの一番上の指定したテキスト範囲の境界ボックスの上端からページの上端からポイント単位の距離を示す値を返します。読み取り専用です。

BoundWidth

単一ポイントは、指定したテキスト範囲の境界ボックスの幅を示す値を返します。読み取り専用です。

ContainingObject

テキスト範囲が含まれるオブジェクトを表すオブジェクトを返します。読み取り専用です。

DropCap

指定したテキスト フレーム内の段落のドロップ キャップを表すDropCapオブジェクトを返します。

複製します。

指定したテキスト範囲の複製を表すTextRangeオブジェクトを返します。

終了

設定または取得するまで選択範囲またはテキスト範囲の末尾の文字位置を表す。読み取り/書き込み。

フィールド

指定したテキスト範囲内のすべてのフィールドを表すFieldsオブジェクトを返します。

検索します。

指定したTextRangeオブジェクトのFindReplaceオブジェクトを返します。FindReplaceオブジェクトは、テキスト検索を実行し、指定したテキスト範囲内の置換に使用されます。

フォント

指定したオブジェクトに適用される文字書式設定の属性を表す Font オブジェクトを取得または設定します。値の取得および設定が可能です。

ハイパーリンク

指定したテキスト範囲内のすべてのハイパーリンクを表すHyperlinksコレクションを返します。

InlineShapes

、テキスト範囲内に含まれるインライン図形を表すInlineShapesコレクションを返します。読み取り専用です。

LanguageID

取得または指定したオブジェクトの言語を表すMsoLanguageIDクラスの定数を取得します。読み取り/書き込み。

長さ

文字で、指定したテキスト範囲の長さを示すLong値を返します。読み取り専用です。

LinesCount

親TextRangeオブジェクトによって表されるテキスト範囲のテキストの行の数を返します。 読み取り専用です。

MajorityFont

テキスト範囲で最も使用されてフォント名を表すFontオブジェクトを返します。

MajorityParagraphFormat

ほとんどのテキスト範囲の段落に適用された段落の書式設定を表すParagraphFormatオブジェクトを返します。

ParagraphFormat

指定したテキスト範囲またはテキスト スタイルの段落書式設定を表す ParagraphFormat オブジェクトを取得します。

ParagraphsCount

親TextRangeオブジェクトによって表されるテキスト範囲のテキストの段落の数を返します。読み取り専用です。

指定されたオブジェクトの親オブジェクトを表すオブジェクトを取得します。たとえば TextFrame オブジェクトの場合は、テキスト ボックスの親図形を表す Shape オブジェクトを取得します。値の取得のみ可能です。

スクリプト

テキスト範囲のフォント スクリプトを表すPbFontScriptType定数を返します。読み取り専用です。

開始します。

長を表すテキスト範囲の開始文字位置を設定または返します。読み取り/書き込み。

ストーリー

テキスト範囲のストーリーのプロパティを表すStoryオブジェクトを返します。

テキスト

取得またはテキスト範囲またはワードアート図形内のテキストを表す文字列を設定します。読み取り/書き込み。

WordsCount

親TextRangeオブジェクトによって表されるテキスト範囲内のワード数を返します。読み取り専用です。

Q11Q
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした