続2 改元対応試案 マイクロソフトが改元に対応ができない理由と各自でファイル名を西暦にすべき理由


いろいろ考えた結果、あきらめるしかない

マイクロソフトが改元に対応ができない理由と各自でファイル名を西暦にすべき理由

https://qiita.com/Q11Q/items/d0f08a54f29bbb320f12

続 平成31年5月1日問題 マイクロソフトが改元に対応ができない理由と各自でファイル名を西暦にすべき理由

https://qiita.com/Q11Q/items/d0f08a54f29bbb320f12

とりあえず文書で無理に令和を使うとか、入力で令和を使うシステムは当面どういうバグが起きるか全くわからない。以上から


このままなにもしない

という対応が一番適切であるという結論に到達した。


なにもしないためにマニュアルを作る

今回の場合、なにもしないことを前提に対応を決める方が、令和に対応しようとして失敗する可能性よりはるかに低く、コストもかからないと想定されます。

要は会社の内外に、現在マイクロソフトの対応が遅れていることを理由に、平成を使用することをアナウンスする。


読み替えの告知で対応しよう

なので一般的にはWEBページなどで次のような趣旨の告知する。

 当初5月1日以降令和元年を使用する予定でしたが、当社のシステムのOS自体が新元号への対応が遅れており、新元号に対して十分な当社のシステムの検証ができておりません。このため、書類等の令和表記について十分な対応ができておりません。。

 お客様には大変申し訳ございませんが、当分の間、当社の書類、電子メールにおいて平成を使っている場合がございますが、平成31年4月30日の翌日以降の日付の元号は「令和」に読み替えていただきますようお願いします。

 第一OSが動いてないし、オフィスも動かないのだからムリに令和に変えるとそれ以外の部分で影響がある可能性が大である。

 これで少なくとも平成31年度中は令和を使用することができる。


日付は今後以下のように対応する


全般的な注意まとめ

令和元年以内にやること。できれば5月以内。令和以降のファイルとファイル名で区別できるようにする。そのためフォルダ名かファイル名で元号を西暦に変えるか付加する。

データの中身は極力いじらない

令和以降はアルファベットでR01とは表現しない(Rはリリース、リビジョン等を意味する。R18に至っては...)

元号だけを使用しない

元年は絶対に使用しない

年、月までは使う(平成か令和か不定になるのを回避)

その場合ピリオドは厳禁。アンダーバーをつける

元号は西暦に変える

ただしルートのフォルダに西暦があるか、西暦に変えた場合は深追いしない。

ファイル名は西暦に変える方法か、西暦をファイル名の前に置く方法を用いる。


令和以降はアルファベットを使用しない

R01のような表記をしない(西暦と一意に対応しない)

元号だけ入れない(西暦と一意に対応しない)

もしどうしても入れる場合はL01にする


H31文書

H3104文書

H31年4月文書


元年は絶対に使用しない

これはどうせフェイクだろうけど、こういうことが起きても全く不思議ではない。元号がユニーク性を喪失した以上、こういうことが起きるのが当たり前。元年を使うからこれを何とかしろという人は人間としての知性を備えていない。社会にとって有害なので治療が必要だ。

もともと元号は使用しないべきだが、使用する場合必ず01にする

漢字と数字が混在するとソートも検索も困難になる。

しかも元年はすべての元号に存在し、特に平成元年があるため重複する可能性がある。と上記のツィートを見る前にこの行は書いていた。なので不思議ではない。起きて当然で、珍しく思う方がむしろ以上で、およそ頭を使っていないせいさんせいのないクズだとしか思えない。平成31年の方がまだマシで可読性も高いであろう。


今後、Microsoft Officeで文書、ワークシート、プレゼンテーション、データベースを作成するときの注意事項

基本的にすべて西暦で入力し、表示形式等で対応する。

絶対に元号を使わないこと。


Wordは日付コンテンツコントロールで日付を入力


短所

日付の数字は全角にならない。しかし仕様なのであきらめる。


長所

 マイクロソフトがいつかなんとかするだろう。それに日付コンテンツコントロールなら、文字にするときも簡単だから


Excelは表示形式を使う

gggeeを使う。

この場合なるべく月まで入れる

2019年ではなく2019年4月まで

ただし以下のような小数点表記はやめる

2019.4 OR 2019.01

2019年04月に変える。

そろうことを考えなければ

2019年4月のほうがあとで正規表現を使う場合でも非常によい


Access,Powerpoint,Publisherは何もしないであきらめる

Accessは元年表記とかできないらしいので放置