VBA
access
CurretProject

CurrentProject メンバー (Access)

CurrentProject オブジェクトは、Microsoft Office Access のカレント プロジェクト (.adp) またはデータベース に対するプロジェクトを参照します。


メソッド

名前

説明


AddSharedImage

指定したイメージをデータベースにインポートし、SharedResources コレクションに追加します。

CurrentPorject. AddSharedImage(SharedImageName, FileName)

SharedImageName 必須 文字列型 コレクション内のイメージを識別するために使用する文字列を指定します。

Filename 必須 String イメージファイルのフルパス


備考

複雑なロゴなど、繰り返し使用するイメージがある場合は、AddSharedImageメソッドを使用します。 AddSharedImageメソッドを使用すると、[デザイン]タブの[コントロール]グループの[画像の挿入]ドロップダウンで画像を表示できます。


CloseConnection

CloseConnection メソッドを使用すると、Microsoft Office Access プロジェクト (.adp) または Access データベースの CurrentProject オブジェクトと、プロジェクトの基本の接続文字列で指定したデータベースとの間の現在の接続を終了できます。


備考

CloseConnectionメソッドは、Accessプロジェクト、データベース、またはデータソースコントロールの現在の接続を閉じ、ADO Connectionオブジェクトを解放し、ConnectionプロパティをNullに設定します。 BaseConnectionStringプロパティは変更されません。 ユーザーはdatasourcecontrol.Connection.Closeを呼び出すことができず、代わりにこのメソッドを使用する必要があります。

CloseConnectionメソッドは、Automationを介して別のアプリケーションからMicrosoft Accessデータベースを開いたときに便利です。


OpenConnection

OpenConnection メソッドを使用すると、既存の Microsoft Office Access プロジェクト (.adp) または Access データベースへの ADO 接続を、カレント プロジェクトまたはカレント データベースとして Microsoft Office Access ウィンドウで開くことができます。

expression. OpenConnection(BaseConnectionString, UserID, Password)

BaseConnectionString オプション Variant

データベースの基本接続文字列である文字列式。

UserID オプション バリアント パス名とファイル名拡張子を含む、既存のAccessプロジェクトの名前である文字列式。ネットワークでサポートされている場合は、次の形式でネットワークパスを指定することもできます。\ Server \ Share \ Folder \ Filename.adp

パスワード オプション バリアント ファイル名拡張子を指定しないと、.adpがファイル名に追加されます。このメソッドまたはOpenCurrentDatabaseメソッドを使用して.adpファイルを開くことができます。


備考

OpenConnectionメソッドは、ADO ConnectionオブジェクトのOpenメソッドに似ています。このメソッドは、データソースへの物理的な接続を確立します。このメソッドが正常に完了すると、接続は有効になり、ConnectionおよびBaseConnectionStringプロパティが設定され、データベースウィンドウまたはデータアクセスページに新しい接続のデータが再配置されます。このメソッドのすべてのパラメータはオプションです。基本接続文字列が指定されていない場合、以前の基本接続文字列を使用して接続が再確立されます(ただし、OpenConnectionを再度呼び出す前にCloseConnectionを呼び出す必要があります)。 Accessプロジェクトの場合、BaseConnectionStringプロパティはSQL Server OLE DBプロバイダのみを指定できます。

UpdateDependencyInfo

データベースの依存情報を更新します。


プロパティ


AccessConnection

AccessConnection プロパティは、現在の Microsoft ActiveX データ オブジェクト (ADO) の Connection オブジェクトおよびその関連プロパティへの参照を取得します。値の取得のみ可能です。Connection オブジェクト型の値を使用します。


備考

AccessフォームにバインドされるADOレコードセットを作成する場合は、AccessConnectionプロパティを使用する必要があります。 ADOでレコードセットが更新可能であっても、OLE DB Provider for Microsoft Accessを使用してフォームを作成しない限り、フォームは更新できません。

AllFormsAllForms プロパティは、AllForms コレクションおよびその関連プロパティを参照します。値の取得のみ可能です。AllForms オブジェクト型の値を使用します。


AllMacros

AllMacros プロパティは、AllMacros コレクションおよびその関連プロパティを参照します。値の取得のみ可能です。AllMacros オブジェクト型の値を使用します。


AllModules

AllModules は、AllModules コレクションおよびその関連プロパティを参照します。値の取得のみ可能です。AllMacros オブジェクト型の値を使用します。


AllReports

AllReports プロパティを使用すると、AllReports コレクションおよびその関連プロパティを参照できます。値の取得のみ可能です。AllReports オブジェクト型の値を使用します。

Application

Application プロパティでは、Microsoft Access のアクティブな Application オブジェクトとその関連プロパティにアクセスできます。値の取得のみ可能です。Application オブジェクト型の値を使用します。


BaseConnectionString

BaseConnectionString プロパティを使用すると、指定したオブジェクトの基本の接続文字列を取得できます。値の取得のみ可能です。文字列型 (String) の値を使用します。


備考

BaseConnectionStringプロパティは、OpenConnectionメソッドによって設定された接続文字列を返します。または、[ファイル]メニューの[接続]をクリックします。 接続を行うとき、Microsoft Accessプロジェクトは、ADO環境で使用するBaseConnectionStringプロパティを変更します。


Public Sub ShowConnectString() 

Dim objCurrent As Object

Set objCurrent = Application.CurrentProject
MsgBox "The current base connection is " & objCurrent.BaseConnectionString
End Sub


Connection

Connection プロパティは、現在の ActiveX データ オブジェクト (ADO) の Connection オブジェクトおよびその関連プロパティへの参照を取得します。値の取得のみ可能です。Connection オブジェクト型の値を使用します。


備考

Connectionプロパティを使用して、現在のMicrosoft Accessプロジェクト(.adp)またはAccessデータベースオブジェクトのConnectionオブジェクトを参照します。 Connectionプロパティを使用すると、BeginTransやCommitTransなどのConnectionオブジェクトのメソッドを呼び出すことができます。


注意:

Connectionプロパティは、実際にアクティブなデータベースのActiveX Data Object(ADO)接続のコピーへの参照を返します。 したがって、Closeメソッドを適用するか、Connectionオブジェクトのメソッドまたはプロパティを介して接続を変更しようとしても、現在のデータベースへのライブ接続を保持するためにMicrosoft Accessで使用される実際の接続オブジェクトには影響しません。 Connectionプロパティはメインシェイププロバイダー接続であるため、このプロパティを使用するには次の情報が必要です。


FileFormat

指定したプロジェクトのファイル形式に対応する Access のバージョンを示す AcFileFormat 定数を取得します。値の取得のみ可能です。


備考

Accessプロジェクトをあるバージョンから別のバージョンに変換するには、ConvertAccessProjectメソッドを使用します。


この例では、現在のプロジェクトを評価し、ファイル形式が対応するMicrosoft Accessのバージョンを示すメッセージを表示します。

sub test()

Dim strFormat As String

Select Case CurrentProject.FileFormat
Case acFileFormatAccess2
strFormat = "Microsoft Access 2"
Case acFileFormatAccess95
strFormat = "Microsoft Access 95"
Case acFileFormatAccess97
strFormat = "Microsoft Access 97"
Case acFileFormatAccess2000
strFormat = "Microsoft Access 2000"
Case acFileFormatAccess2002
strFormat = "Access 2002 - 2003"
Case acFileFormatAccess12
strFormat = "Microsoft Access 2007"
End Select

MsgBox "This is a " & strFormat & " project."
End Sub

Name Value Description

acFileFormatAccess12 12 Microsoft Access 2007 format

acFileFormatAccess2 2 Microsoft Access 2.0 format

acFileFormatAccess2000 9 Microsoft Access 2000 format

acFileFormatAccess2002 10 Microsoft Access 2002 format

acFileFormatAccess95 7 Microsoft Access 95 format

acFileFormatAccess97 8 Microsoft Access 97 format


FullName

指定したオブジェクトの完全なパス (ファイル名を含む) を設定または取得します。値の取得のみ可能です。文字列型 (String) の値を使用します。


ImportExportSpecifications

指定されたオブジェクトに対する、保存済みのインポート操作またはエクスポート操作のコレクションを表す ImportExportSpecifications コレクションを返します。値の取得のみ可能です。


IsConnected

IsConnected プロパティを使用すると、CurrentProject オブジェクトが現在接続されているかどうかを特定できます。値の取得のみ可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。


IsTrusted

カレント プロジェクトでマクロおよび Visual Basic for Applications (VBA) コードが有効かどうか示します。値の取得のみ可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。

公式のコードは、マクロでIsTrustedプロパティを使用して、データベースが信頼を有効にして開いているかどうかを判断する方法を示しています。 信頼が有効になっている場合、Visual Basic for Applications(VBA)サブルーチンInitが呼び出されます。 それ以外の場合は、データベースが無効モードで開かれたことが通知されます。


IsWeb

データベースが Web データベースであるかどうかを示す値を取得します。値の取得のみ可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。


Name

Nameプロパティを使用すると、オブジェクトの名前を識別する文字列式を決定します。読み取り専用文字列です。


Parent

指定したオブジェクトの親オブジェクトを取得します。値の取得のみ可能です。


Path

Pathプロパティを使用すると、Microsoft Office Access プロジェクト (.adp) または Microsoft Office Access データベースのデータを格納する場所を特定できます。値の取得のみ可能です。文字列型 (String) の値を使用します。


ProjectType

ProjectType プロパティは、現在開いているプロジェクトの種類を示します。値の取得のみ可能です。AcProjectType クラスの定数を使用します。

Name Value Description

acADP 1 The current project is a Microsoft Access project.

acMDB 2 The current project is a Microsoft Access database.

acNull 0


Properties

CurrentProject オブジェクトの AccessObjectProperties コレクションへの参照を取得します。値の取得のみ可能です。


RemovePersonalInformation

指定したプロジェクトにユーザーの個人情報を保存するかどうかを示すブール型 (Boolean) の値を設定します。個人情報を削除する場合は True になります。値の取得および設定が可能です。


Resources

指定したオブジェクトの SharedResources コレクションを取得します。値の取得のみ可能です。SharedResources の値を使用します。


WebSite

データベースを公開した Web サイトの Uniform Resource Locator (URL) を取得します。値の取得のみ可能です。文字列型 (String) の値を使用します。


IsSQLBackend

現在のプロジェクトがAccess 2013以降で作成された場合はtrueを返し、現在のプロジェクトがAccess 2013より前に作成された場合はfalseを返します。 Office 2016で導入された読み取り専用のブール値。