fbterm
uim

uim-fepとuim-anthyの使い方と設定方法

More than 1 year has passed since last update.


uim-fepとuim-anthyの使い方と設定方法

前回fbtermに関する設定について書いたが,uim-fepとuim-anthyの設定を別に分けることにした.

多分こっちだけで検索してくる人の方が多いと思うので...

前回の記事

- fbtermの日本語表示.uim-fepとuim-anthyで日本語入力も.ついでに,vimの256色対応も


環境


  • lenovo-S21e

  • Ubuntu16.04LTS


uim-fep & uim-anthy で日本語入力.

日本語入力を行うソフト達.

(fbtermの起動時にこれをオプションとして渡すので,先に...)

設定方法や使い方を書いてあるサイトがあんまりなかったので,ちょっとだけ詳しく書いておくよ.

uim自体はいれなくていいので.

sudo apt install uim-fep

sudo apt install uim-anthy

これを導入しよう.


日本語入力と直接入力の切り替え方法の設定

日本語と英語との入力切替をctrl-spaceに設定するには,


  • ~/.uim

をいじれば良い.存在しなかったら作ればよい.

デフォルトでは


  • /usr/share/uim/generic-key-custom.scm

が読み込まれるらしい.

ctrl + space で切り替えを行うには次のように~/.uimに書けばよい.


~/.uim

(define default-im-name 'anthy)

(define-key generic-on-key? '("<Control> "))
(define-key generic-off-key? '("<Control> "))

ちなみに,この設定ファイルのコメントは

セミコロンで始まる行だ.

uim:~/.uim

;;;コメント

一つでいいのかどうかは確かめていない.

ちなみに細かなコマンドとかはここで見れるよ.

uim/uim-doc-ja UimAnthy


uimの使い方と設定の変更


文字の変換と候補選択

変換はスペース.

そして候補の選択はスペースでもいいが,一方通行なので次を使う.

ctrl+p

ctrl+n

で前後の選択ができる.もちろん矢印も使えるが,ホームポジションから離れてしまうのでおすすめできない.


隣の文節の変換に移る

分割された時は

ctrl+f

ctrl+b

で次の単語や前の単語に移ることができる.


文節の長さの調整

そして区切りの変更は

ctrl+o

shift →

で伸ばすことはできるんだけど,

縮める方がデフォルト設定の

ctrl+i

shift ←

だとコンソールの制約上(?)うまく動かない.

mswinvksの忘備録 uim-fepのキーバインドを変更

だから,次のようにキーバインドを変更しとこう.

割り当てるキーもまた悩ましいものだが,

ctrl+y %伸ばす

ctrl+e %縮める

に割り当てることにした.

(vimのペアのキーって残りctrl+u, ctrl+dとctrl+],ctrl+tぐらいだから,その中で押しやすそうなのを選んだ)

キーバインドの設定ファイル自体はここにあるので,これを参考にする.


  • /usr/share/uim/anthy-key-custom.scm

ただ,直接書き換えるのではなく,~/.uimに書いておこう.

(なければ作る.)

dotfile関連はまとめておいた方が管理が楽だし,設定の共有も簡単だ.

dotfileの管理方法については色々あるのでお好きな方法を.

ちなみにgitlabで管理してま〜す.このQiita記事もね.

(´・ω・`) < GitHub...嫌い...

(´・ω・`) < だって,private repository 無料(タダ)で作れないもん.

(´・ω・`) < 他人に見せられないものが大半だから...

ここで,文節を縮める設定は


  • anthy-shrink-segment-key

だ.これをキーワードに検索するとよい.

逆に伸ばすのは,


  • anthy-extend-segment-key

だ.

コピペしてくるとこんな感じ.


/usr/share/uim/anthy-key-custom.scm

(define-custom 'anthy-extend-segment-key '("<IgnoreCase><Control>o" "<Shift>right")

'(anthy-keys1)
'(key)
(N_ "[Anthy] extend segment")
(N_ "long description will be here"))

(define-custom 'anthy-shrink-segment-key '("<IgnoreCase><Control>i" "<Shift>left")
'(anthy-keys1)
'(key)
(N_ "[Anthy] shrink segment")
(N_ "long description will be here"))


見たところ,それぞれの一行目ののあるカッコの中をいじればいいのだろう.

どうせなら二つともセットで変え,

ctrl+y

ctrl+e

にしておこう.

すると,結局こんな感じのコードを~/.uimに書けばいいことになる


~/.uim

(define-custom 'anthy-extend-segment-key '("<IgnoreCase><Control>y")

'(anthy-keys1)
'(key)
(N_ "[Anthy] extend segment")
(N_ "long description will be here"))

(define-custom 'anthy-shrink-segment-key '("<IgnoreCase><Control>e")
'(anthy-keys1)
'(key)
(N_ "[Anthy] shrink segment")
(N_ "long description will be here"))



句読点をピリオドとコンマにしたい

そんな時は~/.uimにこう書けばよい.


~/.uim

(require "japanese.scm")

(define ja-rk-rule
(append '(
(((",") . ()) ("," "," ","))
(((".") . ()) ("." "." "."))
)
ja-rk-rule))

逆に,普通の句読点が打てなくなってしまうので注意.

もっとうまく設定できるんだろうけど...


[参考文献]