PowerBI

Power BI レポートに ドリルスルー ページを設定するには

製品とサービスの更新(2017/09)で、ページの遷移を含むドリルスルーの設定ができるようになったので、その機能や設定手順などの解説メモ。

2018/05 の更新で メジャー(Measure) を利用するドリルスルーもできるようになった。
Power BI Desktop May Feature Summary

機能概要

レポートの同一ページに配置されたチャートやテーブルなどビジュアルの相互作用(フィルタリングと強調)に加え、インサイトを支援する機能としてドリルスルー ページが利用できるようになった。ユーザーが選択したビジュアル内の特定の要素に関連するデータを参照できるようになる。例えば、概要となるデータ(Summary)から詳細データ(Detail)に遷移する使い方などができるということ。

設定手順

設定手順は簡単。遷移先になるページを作成し、フィルター要素となる列(フィールド)を[ドリル スルー フィルター]に設定するだけ。

サンプルのクエリ

サンプルは非常にシンプルなデータとするが、構成されたデータモデルの多くではディメンジョンテーブルのフィールドを使うことになると思う。

クエリ
let
    Source = #table(
        type table [担当者 = text, 製品 = text, 数量 = Int64.Type],
        {
            {"田中", "商品A", 20}
           ,{"田中", "商品B", 100}
           ,{"田中", "商品C", 50}
           ,{"鈴木", "商品A", 20}
           ,{"鈴木", "商品B", 10}
           ,{"鈴木", "商品C", 30}
           ,{"山田", "商品B", 5}
           ,{"山田", "商品C", 40}
        }
    )
in
    Source

※[クエリ エディター] - [詳細エディター]にコピペ

ビジュアルの配置

いくつかの動作パターンが確認できるので "マトリクス" をレポート上に配置。

マトリクスの配置

ページの追加と設定

ページを複製しページ名を変更。そして、[ドリル スルー フィルター]にドリルスルー時に使用されるフィールドを設定する。

ドリル スルー フィルターの設定

[ドリル スルー フィルター]を設定すると [戻る]ボタン が設定されたイメージが自動的に配置される。
戻るボタン

もうひとつ
ドリル スルー フィルターの設定

[戻る]ボタン

直前に参照していたページに戻る機能を持つ。
そのまま使ってもよいし、[図形の書式設定]で見た目を調整するも自由。挿入したイメージや図形でも構わない。[戻る]ボタンオプションが"オン"になっていれば機能する。Power BI Desktop での操作は、Ctrl + 右クリック。

ドリルスルー ページのデザイン

サンプルではページを複製しドリルスルーの動作がわかりやすいようにしたが、本来では目的に応じたページを作成することになる。[ドリル スルー フィルター]設定時にはフィルターに使用される値が選択されていないが、任意のフィルター値を選択しページの表示を確認しながらページのデザインを行うことができる。

動作の確認

コンテキスト メニューからドリルスルーできるページを選択できるようになり、また、選択したビジュアル上の要素によりドリルスルー先として選択できるページは異なる。コンテキスト メニューに表示されるのは "ページ名" なのでユーザーにわかりやすい命名が必要。

コンテキスト メニュー

マトリクスの 行見出し を右クリックしたとき
マトリクスの行見出しを右クリック

マトリクスの 列見出し を右クリックしたとき
マトリクスの列見出しを右クリック

マトリクスの 値フィールド を右クリックしたとき
マトリクスの値フィールド右クリックしたとき

ドリルスルー オプションを有効にしたとき

ドリルスルー オプションが有効になっているときは、ドリルスルー先だけのコンテキスト メニューになる。

Power BI Desktop

ドリルスルー オプション

Power BI Service

ドリルスルー オプション

ドリルスルー ページが選択できない理由

  • フィールドが表示されていないか、使用されていない

ドリルダウンなどができるビジュアルで[ドリル スルー フィルター]に設定したフィールドが表示されていない状態や誤ったフィールドを[ドリル スルー フィルター]に設定している。

  • 集計された値
    2018-05 更新で集計された値であるメジャー(Measure)もサポートされた。
    例えば、マトリクスの値フィールドは常に集計された値が表示されるので、この値をもとにドリルスルーを機能させることはできない。値が集計されない設定をしたビジュアル(テーブルなど)ではこのサンプルデータでも動作は可能。

  • 対応していないビジュアル

情報