Selenium
Groovy
Geb
GebDay 10

Gebでテスト失敗時のみキャプチャを自動取得する

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

これはGeb Advent Calendar 2016の10日の記事です。

今日はGebでの失敗時のキャプチャの話。

知ってる人も多いかもなのですが、そのものズバリで日本語記事がなかったので書いておきます。


Gebのスクリーンキャプチャ

そもそもGebでスクリーンキャプチャを使うには、GebReportingSpecを利用します。そのあたりの話はこちらが詳しいです。

GebReportingSpecを入れておくと、各テストの終了時に自動でキャプチャを取得してくれます。


テスト失敗時だけキャプチャを取りたい

エビデンスとしてキャプチャを残す場合は、毎回終了時にキャプチャを取得するのは重宝しますが、テストの失敗時だけ、どういった状態で失敗したいのかと確認したいケースでは、すべてのテストでキャプチャがあると探すのに邪魔です。また、テスト数が多くなってくると、テストの実行速度も遅くなってきます。

というわけで、バージョン0.13.0から失敗時のみキャプチャをとることできるようになりました。

やり方は簡単で、GebConfig.groovyに下記を追加するだけです。


GebConfig.groovy

reportOnTestFailureOnly = true



参考リンク


まとめ

設定追加で失敗時だけキャプチャ!


明日のエントリー

@kosukeitoさんのセカンドトラックです!! よろしくお願いします。