Edited at

cocoaPodsって便利じゃね??

More than 3 years have passed since last update.

突然ですがCococaPodsってご存じですか??

iPhoneアプリを作っていて、CococaPodsを知らないそこのあなた!

CocoaPodsはRubyでいうgemのような、iOSのライブラリの管理ツールです。

っていってもよくわからないので、その利点をわかりやすくご紹介いたします。

ある程度iPhoneアプリを作っていると先人の知恵を借り、githubで公開されているフレームワークやライブラリを自分のプロジェクトに取り込んで、少ない労力でリッチなアプリケーションを作るようになります。

ここでは、MBProgressHUDという通信している間に表示するインジケータを使う例をご紹介します。

MBProgressHUDのサンプル画面


CocoaPodsを知る前の俺

まずはgithubにいって、ファイルをダウンロード!

フレームワークのダウンロード

ファイルを解凍して、プロジェクトに追加!

ファイルの追加

後はインポートやら、コードを書いて、ボタンを押した時にビューに表示!

MBProgressHUDの表示

無事に表示されました^^


CococaPodsを知った後の俺

CococaPodsのインストールはこちらを参考にして下さい(詳しいPodfileの書き方も載っています)

まずはプロジェクトを作製して、作製したディレクトリに適当なエディタでPodfileという名前のファイルを作製!

Podfile作製

Podfileに以下のことを記述!


Podfile

platform :ios, ‘7.0’

pod ‘MBProgressHUD’

そしたらターミナルでpod installを実行!


Terminal

pod install


インストールが完了すると、同じディレクトリ内に(作製したプロジェクト名).xcworkspaceのファイルが作られているので、それを開きましょう!

podfileによって作られるファイル

すると、プロジェクト内にPodというプロジェクトが勝手に生成されています。

ここまでくれば、あとは同じようにコードを書くだけ!

*ファイルのインポート方法が変わります


ViewController

//#import “MBProgressHUD.h”   ←CocoaPodsを知る前の俺

#import <MBProgressHUD.h> //←CocoaPodsを知った後の俺

無事に表示されました^^

デモ


何が便利かわからないって??

たくさんiPhoneアプリを作ったら、いずれわかります笑

色んなライブラリを使うときは、毎回githubだったり、Google Codeからダウンロードしてきて、ソースファイルをプロジェクトに追加しなきゃいけないけど、CocoaPodsならPodfileに使いたいライブラリを書き込むだけでOK!

ライブラリのバージョン指定もできるので、複数人で開発環境を揃えることも可能!

自分で作ったライブラリもCocoaPodsに登録できるので、便利なものを作ったらどんどん登録しちゃいましょう!

CocoaPodsで使えるおすすめライブラリはこちら


まとめ

CocoaPodsの良さが少しでも伝わりましたかね??

もちろん個々人好みがあるので、使うも使わないもその人次第!

自分が使ってみて、とっても便利だったから紹介してみました!

新たな発見・出会いっていうのはいつになっても素晴らしいですね^^