search
LoginSignup
523

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

Laravel キャッシュクリア系コマンドなど

Laravelさんは、Apacheを再起動したとしても、内部のキャッシュが残っててしまって、更新したプログラムをうまく反映してくれない時がある。
キャッシュクリア系の方法をまとめた。

基本的なキャッシュクリアコマンド

APIなど、Webサービスを使っていなくてビューがないのであれば、 view:clear はしなくてよい。

php artisan cache:clear
php artisan config:clear
php artisan route:clear
php artisan view:clear

ちょっと踏み込んだキャッシュクリアコマンド

オートローディングをしなおして、オプティマイズも実行してと、まるっとキャッシュを作り直したい場合。

composer dump-autoload
php artisan clear-compiled
php artisan optimize
php artisan config:cache

キーの作り直し

新しくキーを作り直して、完全に前のキャッシュを無効にするときとか。

php artisan key:generate

Scheduler

Schedulerのキャッシュは、前述のコマンドを持ってしても消えてくれないという、ロックな仕様。
次のようなキャッシュファイルを明示的に消す。

$ pwd
/path/to/your/laravel/storage/framework
$ ls -l schedule-*
-rw-r--r-- 1 apache apache 0 Jun  8 18:02 schedule-0d894ecd1e342cc720e1556766671673
-rw-r--r-- 1 apache apache 0 Jun  6 12:09 schedule-c4b93c084c29f9c504d4f412f1540947
$ rm -f schedule-*

Configのキャッシュ

env("YOUR_PARAMETER")といった形で使う .env で定義した値が読み込めなく(Nullになる)時がある。いやはやサイケデリックな仕様。
次のような感じで、該当キャッシュファイルを消す。(参考: hasen's tech life

$ pwd
/path/to/your/laravel/bootstrap/cache
$ ls -l
-rw-rw-r-- 1 apache apache 10780 May 28 15:48 config.php
$ rm -f config.php

(追記)
5.2以降の仕様で、キャッシュがある時は、config/*.php以外の場所で使われるenv()は無効化(null)になる仕様になったようです。
参考: Upgrade guide - Laravel
参考: Laravel では env() を config 系ファイル以外の場所に書いてはいけない - Qiita

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
523