Edited at

AWSでプロジェクトごとに請求額を見る

More than 3 years have passed since last update.

EC2などなど詳細参照のサービスをタグ付けし、タグごとの請求額がわかるらしい。

なのでこれにプロジェクトを指定しておけば、プロジェクトごとに赤黒わかっていろいろ判断できてステキ。部署ごとにコストを出したり、お客様ごとにコストを出したり、活用できるのではないか。


1. 請求レポートをS3Bucketに受け入れるようにする。


  1. bucketを作成する。

  2. Billing & Cost Managementページの左のPreferenceを選択

  3. 作成した名前を「請求レポートで受け取る」に入れてやる。Verifyを押す。


    1. ポリシーがあわないと、エラーになるので、すぐ下にある「ポリシー」をクリックし、サンプルポリシーの中身をコピー

    2. bucketのページに戻り、1.で作成したものを選択、右側から「Permission」を選択肢、でてきた、項目の中から「Edit bucket Policy」をクリックし、コピーした内容をペーストすればOK




2. タグをつける

例えば、プロジェクト Alpha に関係するEC2のコストをみたい場合。


  1. EC2のコンソールにいく。

  2. 対象のインスタンス1つを選んで、下段のTagsタブから Add/Edit Tags を選び Key: Project Value: alpha と入力して保存。

  3. 2.を対象としたいインスタンス分繰り返す。

  4. EBSでもやる。

  5. Elastic IPとかLBは対応していないらしい。


タグをつける(リソースグループから)

Reserved Instanceを借りたら、タグ付け機能がconsoleに無い・・・。対応していないのかな?

と思ったら、これはconsoleのUIが対応していないだけ。

日本語consoleにしてしまったが、おそらく英語も同じであろう、console home に行き、

右側に resource grouptag editor があるので、そこの tag editor をクリックし、

検索項目を入力(ここでは Regions: Asia Pasific(Tokyo) Resource Types: Reserved Instance)。

でてきたresourceを選択し、 Edit tags for selected で前述で決定した 'Project' のキーを指定

してやればOK

※ここの検索にでてこないリソースがタグ未対応である


3. タグを指定する


  1. Billing & Cost Managementページの左のPreferenceに戻る

  2. bucketを入力してVerifyしていたら、下段に項目が増えるので、 Manage report tagsを推して、先ほど作成したKeyの Project を選択して保存する。


4. 結果を見る

指定したbucketに、csvが保存されているので、適当に開くと、3.で指定されたタグごとに集計

されているものがあるので、それで請求額がわかる。

例えば私の場合、下記を開くと、2月の分、集計結果が表示されているので、LibreOfficeなどで

開き、オートフィルタを使うと非常に見やすい。

646675259617-aws-cost-allocation-2015-02.csv