Help us understand the problem. What is going on with this article?

Automation Anywhere A2019 日時ユーティリティパッケージ (Bot Store) を使う

Automation Anywhere A2019で標準では対応していない日時の演算処理 (2つの日時の差分計算、日時型変数から要素を取り出す、うるう年判定など)を行ってくれる便利なパッケージがリリースされています。

A2019 日時ユーティリティ

以下の場所から無料でダウンロードできます(^_-)-☆。
A2019 日時ユーティリティ
image.png

Control Roomにインストールすると以下のアクションが使えるようになります。
image.png

Difference Between Dates

指定された2つの日時の差分を指定された単位 (日/時/分/秒) の数字で返します。
image.png

Get Day Of Month/Week/Year

指定された日付が指定した月の何日目(数字)か、何曜日(英語で曜日の文字列)か、指定した年の何日目(数字)かを返します。
image.png

Get Days In Month

指定月 (yyyy年MM月) の日数を数字で返します。Get Length Of Monthと同じ??
image.png

Get Year/Month/Hour/Minute/Second

指定された日時の年/月/時/分/秒の要素を数字で返します。
image.png

Get Length Of Month/Year

指定月 (yyyy年MM月)または指定年の日数を数字で返します。Get Length Of MonthはGet Days In Monthと同じ??
image.png

Is Leap Year

数字で指定された年のうるう年判定をします。(boolean型で返す)
image.png

Now

現在の日時をフォーマットされた文字列型で返します。しかし、標準でも$System:Date$に現在日時が入っており、様々に加工することによって同様のことができるので、このアクションの存在意義は疑問?です。
image.png

A2019 日時 (日本)

上記のパッケージでは対応していない書式処理 (和暦、令和対応)や日本の祝休日/稼働日判定ができるパッケージもあります(^_-)-☆
以下の場所から無料でダウンロードできます。
A2019 日時 (日本)
image.png

日本市場における日付関係のユーティリティパッケージとサンプルボットがついています。パッケージは6つのアクションを提供します。
image.png

詳しくは、「【Automation Anywhere A2019】日本向けに役に立ちそうなBot Storeアイテム4選」の「4. A2019-日時(日本)」の章を参照してください(^^)/

Okura_
新しいことが大好きです。見習いエンジニア。作ったサンプルBotをGitHubに置いています(^_-)-☆
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away