Python
Django
cloud9
Python3

【Cloud9】Python3.4のdjango1.11で1ミリも理解せずに環境構築してみる

More than 1 year has passed since last update.


この記事の目的

Python? django? 環境構築? 正しい理解?

komakai.jpg

とりあえずdjango使って動かしたい!!!!( ˇωˇ )

やる気はあるのに環境構築で躓くなんてヤダヤダヤダ!

という事で、Python歴、django歴1日目の私から1ミリも理解せずに環境構築をお送り致します。


正しいドキュメントを読めばおk

https://docs.djangoproject.com/en/1.11/intro/tutorial01/

現時点では1.11がdjangoの最新だけれど、今後更新された場合は上のURLを1.12とかに変更すればそれが最新のドキュメントです。以上。


ローカルでの環境構築?

「ドキュメント読めばわかるよ、てへっ」だと流石に投げやり過ぎるので説明をしていこうかと。でも細かい所まではしないよ。できないよ!!

Pythonの公式とかANACONDAとかでPythonを動かす環境をローカルに作っても良いけど、


  • 重い

  • 思いの外、時間がかかる

  • なんかよくわからん

初めてPythonに触る人はきっとこうなっちゃう。

mayoi.jpg


とりあえずCloud9に登録する所からしよっか


  • インストール不要

  • 登録するだけでおk

  • 色々環境が整ってる

  • デプロイしやすいぞー!

ということで、Cloud9を使おう!!


django、ワークスペース作るってよ

Cloud9にログインすると以下のようなページにアクセスします。

[Create a new workspace]でワークスペースをつくってみましょ。

cloud9.JPG

すると以下のようなページに遷移するので、公式ドキュメントに倣ってWorkspace Nameを「mysite」、下のテンプレートからは「django」を選択して[Create workspace]を押してください。

workspace.png


Pythonとdjangoのバージョンを確認

ワークスペースが作れたら以下のような画面に遷移します。

start.JPG

さて、まずやることはバージョンの確認です。

公式ドキュメントではPython3.4以上、django1.11が前提とされています。

bashで以下の様に入力してバージョンを確認してみましょう。


bash

python --version

python -m django --version

実行結果

version.jpg

はい古いー、はいふるいー。ということでバージョンを上げます。


Pythonとdjangoのバージョンを上げる

何も考えずに以下をbashで実行してみよう。


Python3へのシンボリックリンク張り


bash

sudo mv /usr/bin/python /usr/bin/python2

sudo ln -s /usr/bin/python3 /usr/bin/python
python --version

実行結果

python-version-up.JPG


djangoの再インストール


bash

sudo pip3 install django

python -m django --version

実行結果

django-version-up.JPG

これで前提条件は整いました!

次はアプリケーションを作ってみましょう。


アプリケーションの作成

以下を実行して「polls」というアプリケーションを作成します。


bash

python manage.py startapp polls


実行結果

application.jpg

上記の様に、「polls」というフォルダとその直下に諸々のファイルが作成されます。これでアプリケーションの作成完了!


Viewを書き換える

これも公式ドキュメントに倣って、views.pyを以下の様に変更します。


polls/views.py

from django.http import HttpResponse

def index(request):
return HttpResponse("Hello, world. You're at the polls index.")


view.JPG

view部分はこれだけでおk!


urls.pyを書き換える

こちらも公式ドキュメントに倣うだけ!

といってもテキトーに読み流してやってみてアレ?となったのでちゃんとドキュメントは読もう!


pollsフォルダ直下にurls.pyを作成

pollsフォルダを右クリックすると色々とコンテキストメニューが表示されるので、その中の[New File]を選択。

polls-urls.jpg

新たにファイルができるので[urls.py]とファイル名を付けて以下をコピペコピペ


polls/urls.py

from django.conf.urls import url

from . import views

urlpatterns = [
url(r'^$', views.index, name='index'),
]


polls-urls-code.jpg


プロジェクト側のurls.pyを書き換える


mysite/urls.py

from django.conf.urls import include, url

from django.contrib import admin

urlpatterns = [
url(r'^polls/', include('polls.urls')),
url(r'^admin/', admin.site.urls),
]


mysite-urls.JPG


実行してみる

ここまで出来たら実際に動かしてみましょう。

右上の[Run Project]をクリックしてください。

RunProject.jpg

以下のようなログが吐き出されるはず

running.JPG

プロジェクト実行時にURLが出力されます。今回で言うと以下のURLです。アクセスしてみてください。

https://mysite-karimata.c9users.io

飛んでみると… あれ?飛べない?

page-not-found.JPG

それもそのはず。今回作ったのは「polls」というページです。URLの末尾に「polls」を付与してみてください(https://mysite-karimata.c9users.io/polls/ )。そうすると…!

polls.JPG

はい表示できましたー!

とりあえずこれで最低限の環境は作れました!

やったねたえちゃん!Pythonができるよ!


まとめ

上記の流れに沿ってやればマジで1ミリも理解してなくたってdjangoを使った環境構築ができます。細かい所は追々学んでいくとして、まずは動かせる!という所から入って心理的な障壁を下げていきましょう!

では、よいPythonライフを!