Help us understand the problem. What is going on with this article?

【AWS ElastiCache(Memcached)】基本構築とEC2からの接続

目標

・AWS ElastiCache(Memcached)を構築し、EC2からの接続を確立する。

ElastiCacheとは

AWSが提供するインメモリデータベースサービスです。
キーバリュー形式でデータが保存され、書き込み・読み込みが高速という特徴があります。
名前の通り、キャッシングに主に利用され、DBクエリ結果やWEBセッションのキャッシングとして主に活用されます。

※より詳しくは以下の記事参考
AWS キャッシュ活用 ElastiCache

参考AWSドキュメント

Memcached クラスターの作成 (コンソール)

作業の流れ

項番 タイトル
1 ElastCacheクラスターの作成
2 EC2からElastCacheクラスターへ接続
3 簡単なElastiCache(Memcached)コンソール操作

手順

1.ElastCacheクラスターの作成

①AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon ElastiCache コンソールへ(https://console.aws.amazon.com/elasticache/)

②ナビゲーションペインでMemcachedを選択し、作成をクリック
tempsnip.png

③作成するElastCacheクラスターの情報設定
クラスターエンジン:Memcachedを選択し、任意のクラスター名を入力します(※)
ノードタイプでメモリ容量の変更、ノードの数でクラスター内のノード数変更が可能です(耐障害性の向上に有用)
tempsnip.png

Elaticacheはサブネットグループ(複数AZを含んだ、サブネットの集合体)に配置されます。
未作成の場合は新規でサブネットグループを作成します。
以下のように値を選択or入力してください。
tempsnip.png

セキュリティグループは、11211番ポートが開いているものを使用しなければならないことに注意します。
設定完了したら作成クリック
tempsnip.png

④作成したElastiCatcheクラスターのステータスがavailableになることを確認

2.EC2からElastCacheクラスターへ接続

①telnetインストール
接続元EC2へログイン後、sudo yum install telnet実行

# Complete!と表示されること
$ sudo yum install telnet
(中略)
Installed:
  telnet.x86_64 1:0.17-49.9.amzn1

Complete!

②ElastCacheクラスターへtelnet接続
telnet <end-point-name> <port>実行

# 以下のような出力だったらOK
$ telnet test-cache.k8s3rn.cfg.apne1.cache.amazonaws.com 11211
Trying 172.31.62.249...
Connected to test-cache.k8s3rn.cfg.apne1.cache.amazonaws.com.
Escape character is '^]'.

3.簡単なElastiCache(Memcached)コンソール操作

ほぼAWSドキュメントのコピペですがMemcachedコンソールの簡単な操作をしてみました。

# キーa(with no expiration and 5 byte value)及びバリュー'hello'セット
set a 0 0 5
hello
STORED
# キーaを取得
get a
VALUE a 0 5
hello
END
# キーbは存在しないのでMISS
get b
END
# 接続終了
quit
Connection closed by foreign host.

次にやったこと

ElastiCacheを利用してRDSへのクエリをキャッシングさせるシステムを構築してみました。
【AWS ElastiCache】AWS ElastiCache(Memcached)を利用してRDSへのクエリをキャッシング

OPySPGcLYpJE0Tc
分類はクラウドエンジニア。 アプリテスター⇒サーバ運用オペレータ⇒アプリ設計開発⇒AWS基盤に対するインフラコード化(Infrastructure As Code)推進案件の設計・開発・運用保守
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away