VSCode
VisualStudioCode
textlint

VS Codeでtextlintを使って文章をチェック グローバル設定メモ

まず基本的な方法は下記記事を参照にしております。

VS Codeでtextlintを使って文章をチェックする - Qiita

テキストの校正用に textlint を導入してみた - blog.kymmt.com

設定方法

VS codeにてtextlintの拡張をインストールする。

ext install vscode-textlint

ターミナルを開いて下記コマンドを使用してC:\Users\【ユーザ名】のユーザフォルダへ移動する。

もしCドライブ以外のパスをターミナルで開いていたら下記コマンドの前にc:のコマンドの実行が必要。

cd %userprofile%

移動先で下記コマンドを実行しtextlintとルールをグローバルインストールする。

-gは必須

npm i -g textlint textlint textlint-rule-preset-ja-technical-writing

下記コマンドを実行することで.textlintrcというファイルがユーザフォルダに作成される。

textlint --init

作成された.textlintrcの中に下記を入力。

{
  "filters": {},
  "rules": {
    "preset-ja-technical-writing": true
  }
}

これで設定の作成は完了

mdファイルを開くと自動でスペルチェックが動作します。

他の設定等はユーザフォルダに作成した.textlintrcへ追記するといいでしょう。