Help us understand the problem. What is going on with this article?

スタックタイマーの信号について

概要

初投稿です。Nyanyanと申します。私はスピードキューブ(ルービックキューブ等立体パズルの速解き)を趣味としていて、ある日、ルービックキューブのタイム計測用のタイマーを作ろうと思いたちました(これには諸事情がありますがそれはTwitterで#nyantimerのタグでも探してみてください)。
キューブ(立体パズル)の大会では計測に一貫して「スタックタイマー」というものを使い、これは信号出力ができます。この信号の内容について日本語の記事を見かけないのでここに書いておきます。なお、本記事は私のタイマー製作の経験に基づいたものであるだけで、どこかのデータシートを見たとかいう話ではないので動作は自己責任でお願いします。
ちなみにこの製作中のタイマーについて気になる方は以下をご覧ください。
https://github.com/Nyanyan/NyanTimer

英語が読めるのであれば参照すべきところ

私自身ここを大いに参考としました。
https://github.com/fw42/atmel/tree/master/stackmat

信号の概要

概要は以下です。

  • 信号はRS232
  • 1200bps
  • 一連の信号は約8Hz(125ms毎)で送る(諸説あり)
  • データビットは8つ(内容はステータス、時刻、チェックサム)
  • パリティビットなし
  • 終了ビットは一つ(LF)

送る内容

データはASCIIで送ります。1文字ずつ解説していきます。

1: ステータスのデータ('I', 'A', 'S', 'L', 'R', 'C', ' ')
2-7: 時刻のデータ(1:23.456なら‘123456’)
8: チェックサム(ASCIIコードで64+タイムの各数字の和, 上の例ならASCII10進で64+21=85='U')
9: CR(ASCIIコード0x0D)
10: LF(ASCIIコード0x0A)

1番目、ステータスのデータは、

‘I’: タイマー初期化(リセットされた状態)
‘A’: タイマースタート直前(パッドを手で押さえて、話したらスタートできる状態)
‘ ’: 計測中
‘S’: タイム計測完了
‘L’: 左パッドが覆われている状態
‘R’: 右パッドが覆われている状態
‘C’: 両方のパッドが覆われている状態

ちなみに個人的には'C'はあまり意味を持った情報とは言えないと思っていて、自作のタイマーにも実装していません。

まとめ

今回は需要がなさそうですがスタックタイマーの信号について日本語で書いてみました。
この情報はタイマー本体を作る場合にも、タイマーにつなぐディスプレイを作るのにも使えると思いますので、もし機会があってお役に立てれば幸いです。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away