Help us understand the problem. What is going on with this article?

ntpq -p(chronyc sources) コマンドの見方

Linux/Unix で時刻同期のためにntpdchronyを設定、起動してもすぐには同期されない。
同期進捗や状態を確認するにはntpq -pコマンドを実行する。
chronyの場合はchronyc sourcesと状態確認コマンドが別にある。

$ ntpq -p
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
*ntp-b2.nict.go. .NICT.           1 u    1   64  377   91.074   20.475  82.456
 LOCAL(0)        .LOCL.          10 l   57   64  377    0.000    0.000   0.001

指定したNTPサーバ―と同期が開始されれば、"remote" 列の指定サーバーに "*" がつく。
複数設定している場合には、同期可能なサーバーに "+" がつく。

項目 説明
refid 参照しているサーバーの、更に上位のNTPサーバ。
st stratum番号、サーバーが第何階層か示す。
when 前回サーバーを参照してから経過した秒数。
pollに達すれば再度参照する。
poll 参照する間隔(秒数)。
reach 過去8回の参照結果。同期したした場合1、同期しなかった場合0。
8進数で表示されており、毎回同期されると377(8進数)となる。
つまり11111111(2進数)。
delay ポーリングインターバルの遅延見積もり(単位:ミリ秒)
offset NTPサーバとのずれ(ミリ秒)
jitter NTPサーバがどのくらい正確なのかを示す指標。値が小さいほど正確。

時刻の同期には時刻のずれを即座に修正するstep方式と時刻の進み具合をずらしていくことで、少しずつ時刻を合わせていくSlew方式があり、ntpdchronyはSlew方式になる。
そのために、ntpq -pコマンドで同期されるまで見守る必要がある。

もしシステムや運用的に問題がなければntpdateを実行して即座に修正することも可能。
ntpdateを実行するする場合はntpdなどは停止する必要がある。

$ sudo service ntpd stop
ntpd を停止中:                                             [  OK  ]
$ ntpdate ntp.nict.jp
30 Apr 04:50:51 ntpdate[27842]: step time server 133.243.238.244 offset -6.239400 sec
$ sudo service ntpd start
ntpd を起動中:                                             [  OK  ]
Nu7s
表に出せそうなものは公開記事にしていこうと思います。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした