Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
5
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@Nossa

Next.jsで静的HTMLエクスポートしたアプリをローカルで確認する方法

経緯

Next.jsの静的HTMLエクスポート機能(Static HTML Export)を使うと、サーバーにNode.jsを必要とせずに、クライントのみで実行できる静的HTMLにアプリを出力することできます。

ただし、create-next-appでスキャフォールディングしたプロジェクトに用意されているdevコマンドで起動したアプリはサーバーサイドレンダリング(以下SSR)が有効になっており、静的HTMLのみの確認ができません。

そこでNext.jsで静的HTMLエクスポートしたアプリをローカルで確認する方法を調べました。

確認環境

  • Node.js - 12.4.1
  • Next.js - 9.5.2

設定方法

サンプルプロジェクトを作成します。すでに作成済みの場合は飛ばします。

$ npx create-next-app my-static-site
$ cd my-static-site

serveというパッケージをインストールします。静的ファイルをホスティングするローカルサーバーを建てることができます。
開発でのみ使用するため-Dオプションを指定しています。

$ yarn add -D serve

最後にpackage.jsonのnpmスクリプトを修正します。
静的ファイルを出力するexportコマンドと、ローカルサーバーを立ち上げるserveコマンドを定義します。

next exportではファイルはデフォルトで./outディレクトリに出力されます。
そのため、serve ./outでホスティングするディレクトリを指定しています。

SSRせず、完全に静的HTMLエクスポートしかしない場合、誤認防止の為に不要なコマンド削除しても良いと思います。

  "scripts": {
-   "dev": "next dev",
-   "build": "next build",
-   "start": "next start"
+   "export": "next build && next export",
+   "serve": "yarn export && serve ./out"
  },

実際に下記のコマンドを打つと以下のように表示されます。

$ yarn serve

image.png

5
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Nossa
C#、TypeScriptが好きです。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
5
Help us understand the problem. What is going on with this article?