Help us understand the problem. What is going on with this article?

Hyper-V で Ubuntu18.04 LTSの環境を構築する(Windows 10 Pro)

まず見てほしい!オススメの記事

こちらのオススメ記事は、仮想環境の構築から便利な設定まで、1まとまりになっています。
おすすめです。

Windows10 ProでHyper-Vを使ってみた
https://qiita.com/hideki0145/items/844f003b6f6647cab081

この記事より優れていると思います。

この記事は自分の活動記録という意味合いが強いです・・。

作業手順

インストールイメージファイルをダウンロード

イメージファイルの配布サイトから
Ubuntu Desktop 18.04.3 LTS
をダウンロードする。

ネットワークの設定

Hyper-V マネージャーを起動し、
[仮想スイッチマネージャー]
をクリック。
https _qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com_0_499476_601b6cb4-ed7c-05da-b5dd-c4af83200ab0.png.jpg

.
[仮想スイッチの作成(S)]をクリック。
2019-09-23 (3).png

.
自分がわかるように名前を付ける。
適切なネットワークを選ぶ。
2019-09-23 (4).png

仮想マシンの新規作成

[新規▶]から[仮想マシン(M)]をクリック。
コメント 2019-09-24 142625.png

.
カスタム構成でマシンを構築するので[次へ(N)]をクリック。
2019-09-23 (5).png

.
任意の仮想マシンの名前を付ける。

今回は、バージョンがわかりやすいように、「Ubuntu 18.04 LTS」とした。
(正確なバージョン情報は「Ubuntu 18.04.3」である。)
2019-09-23 (6).png

.
Ubuntu 18.04.3は第2世代に対応している(はずな)ので、
第2世代を選択して[次へ(N)]をクリック。
2019-09-23 (7).png

.
仮想マシンに割り当てるメモリ量を決める。
2019-09-23 (8).png

私のメモリ量の決め方は以下のとおりである。
1. タスクマネージャで[パフォーマンス]タブを選択。
2. [メモリ]を参照。
3. 利用可能メモリ量の約半分できりのよい数字(Ubuntuの最低要件を満たすこと)。

「絶対正しい決め方」は存在しないので、
最低要件を満たしていれば好きな数字でよいと思う。

.
ネットワークの構成の設定をする。
先ほど設定したネットワークを選択して[次へ(N)]をクリック。
2019-09-23 (9).png

.
仮想ハードディスクの接続設定をする。
ここで変更したのは、サイズ(S)のみである。128GBとした。

自分のHDD/SSDの空き容量を考慮して割り振るとよい。
2019-09-23 (10).png

.
先ほどダウンロードしておいた
Ubuntuのインストールイメージファイルを選択し、[次へ(N)]をクリック。
2019-09-23 (11).png

これで仮想マシンの作成は完了である。

仮想環境の設定

作成した仮想環境の設定を行う。
2019-09-24.png

.
チェックを外し、セキュアブートを無効にする。
2019-09-23 (13).png

.
[統合サービス]の設定を変更する。

ゲストサービスのチェックボックスにチェックを付ける。
2019-09-23 (14).png

おつかれさまでした!

それでは起動してみましょう!

起動したらすぐ、背景が黒い画面がでます。
この時にUbuntuのインストールをしましょう。

もし黒い画面をみることなくデスクトップ表示にたどり着いてしまった方は、
デスクトップにあるアイコンをダブルクリックして、
インストールすれば大丈夫です。

おつかれさまでした!

以上です。

最後に

勉強中の身です。
間違い等ご容赦いただきますとともに、ご指摘いただけると幸いです。

Linux触るの大変なこともあるけど、一緒にがんばっていきましょう!

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away