iTerm2
Terminal
tmux
powerline

ゼロからmacのターミナルを設定した

ほぼ買った時の状態から(個人的に)使いやすくカッコ良いターミナルを設定する備忘録
あんまり凝りすぎたり、色々付け足してリソース食ったら元も子もないのでほどほどに。

環境

  • bash 4.4.23
  • Homebrew 1.8.4
  • git 2.19.2
  • python 2.7.15
  • pip 18.0
  • iTerm 2

インストール

powerline

pip install powerline-status

最新版がインストールされます。

インストール確認

powerline-daemon -h

powerlineのヘルプが出ればOKです。
出ない場合はパスを通す必要があります。参考

フォント

git clone git@github.com:powerline/fonts.git
./fonts/install.sh

iTermのフォントをフォント名にpowerlineが入っているフォントに変更

tmux

brew install tmux

インストール後の設定

tmux

設定ファイル~/.tmux.confを作成
基本的な設定は以下の通りです。キーバインドやその他の設定はお好みで。

.tmux.conf
# C-bのキーバインドを解除する
unbind C-b

# prefixキーをC-qに変更する
set -g prefix C-q

# キーストロークのディレイを減らす
set -sg escape-time 1

# ウィンドウのインデックスを1から始める
set -g base-index 1

# ペインのインデックスを1から始める
setw -g pane-base-index 1

# 設定ファイルをリロードする
bind r source-file ~/.tmux.conf \; display "Reloaded!"

# sでペインを縦に分割する
bind s split-window -h

# - でペインを横に分割する
bind - split-window -v

# Vimのキーバインドでペインを移動する
bind h select-pane -L
bind j select-pane -D
bind k select-pane -U
bind l select-pane -R
bind -r C-h select-window -t :-
bind -r C-l select-window -t :+

# Vimのキーバインドでペインをリサイズする
bind -r H resize-pane -L 5
bind -r J resize-pane -D 5
bind -r K resize-pane -U 5
bind -r L resize-pane -R 5

# マウス操作を有効にする
setw -g mouse on

# 256色端末を使用する
set -g default-terminal "screen-256color"

# ステータスバーの色を設定する
set -g status-fg white
set -g status-bg black

# ウィンドウリストの色を設定する
setw -g window-status-fg cyan
setw -g window-status-bg default
setw -g window-status-attr dim
# アクティブなウィンドウを目立たせる
setw -g window-status-current-fg white
setw -g window-status-current-bg red
setw -g window-status-current-attr bright

# ペインボーダーの色を設定する
set -g pane-border-fg green
set -g pane-border-bg black
# アクティブなペインを目立たせる
set -g pane-active-border-fg white
set -g pane-active-border-bg yellow

# コマンドラインの色を設定する
set -g message-fg white
set -g message-bg black
set -g message-attr bright

# ステータスバーを設定する
## 左パネルを設定する
set -g status-left-length 40
set -g status-left "#[fg=green]Session: #S #[fg=yellow]#I #[fg=cyan]#P"
## 右パネルを設定する
set -g status-right "#[fg=cyan][%Y-%m-%d(%a) %H:%M]"
## リフレッシュの間隔を設定する(デフォルト 15秒)
set -g status-interval 30
## ウィンドウリストの位置を中心寄せにする
set -g status-justify centre
## ヴィジュアルノーティフィケーションを有効にする
setw -g monitor-activity on
set -g visual-activity on

# Homebrewでいれたzshの場合
set -g default-shell   /usr/local/bin/zsh
set -g default-command /usr/local/bin/zsh

# Macに元々入ってるzshの場合
set -g default-shell   /bin/zsh
set -g default-command /bin/zsh

# Bashの場合
set -g default-shell   /bin/bash
set -g default-command /bin/bash

set-option -g default-terminal screen-256color
set -g terminal-overrides 'xterm:colors=256'
run-shell "powerline-daemon -q"
source "/usr/local/lib/python2.7/site-packages/powerline/bindings/tmux/powerline.conf"

bash

.bashrcに以下を追記
色々な記事等を参考にしながらコピペしたので、それぞれの行の意味はあまり理解していない。。。
X.Xの部分はインストールされているPythonのバージョン

.bashrc
PS1="$PS1"'$([ -n "$TMUX" ] && tmux setenv TMUXPWD_$(tmux display -p "#D" | tr -d %) "$PWD")'

PS1="\[\e[37m\e[44m\][\u@\h \W \d \t]\[\e[0m\]\n\\$ "

#powerline
#export PATH=~/.local/bin/:$PATH
export PATH=~/Library/Python/X.X/bin:$PATH
powerline-daemon -q
. ~/Library/Python/X.X/lib/python/site-packages/powerline/bindings/bash/powerline.sh

if type trash-put &> /dev/null
then
    alias rm=trash-put
fi