Android
iOS
RoboVM
Multi-OSEngine

RoboVM終了っぽい今、インテルのクロスプラットフォーム開発環境の現状を眺めておく。

More than 1 year has passed since last update.


RoboVM終了!?

全世界のクロスプラットフォーム界隈の人々の一部(...せいぜい数万人かな...)にちょっとした衝撃となったであろう4月15日のRoboVM終了っぽいお知らせ : RoboVM Winding Down。マイクロソフトがXamarin会社を買収したあおりで、Xamarin会社の子会社となっていたRoboVMが終了となった模様...JavaベースのiOS向け開発環境RoboVMが、今後、(再度)オープンソースになるか等は未定。

少なくともRoboVMのリリースを見る限り、JavaでiOSやろうとしていた皆さんは、今後はC#なXamarinでiOSしてね、とのこと(なかなかな無茶ぶり、、)


インテルのMulti-OS Engine(moe)があるよ。

今月は、並行して、GoogleがAndroid開発にSwift採用か、なんて憶測ニュースが流れていて、そちらの方はけっこう話題となっているわけだけれど、いちおう、JavaでiOS開発という流れも消えてはいない。

そう、同じく4月15日に、インテルは、自社ラボが開発を進めているiOS/Andoirdのクロスプラットフォーム開発環境Multi-OS Engine(moe)の解説ビデオを公開している:

https://software.intel.com/en-us/videos/java-binding-for-multi-os-engine-technology-preview

なんか急いで作りました的な感じで、正直あまり中身はないんだけれど、インテルはJavaでのクロスプラットフォーム開発を応援しているんだよ、というメッセージだけは伝わってくる。

以下、ビデオ中のキャプチャ画像:

スクリーンショット 2016-04-20 20.21.13.png

で、実際のところ、どうなのと気になるわけなのだが、Multi-OS Engineは近いうちにAndroid Studio 2.0にも対応するよとか、やる気ありそうなアピールは行われている。 ... 現RoboVM開発チームの皆さんも、短かったマイクロソフト孫会社生活を終え、いずれインテルに転職、なのかも... !?


githubのmoeサンプルコードを見てみる

インテルは、Multi-OS Engine Samplesと題して、githubにサンプルコードを公開してくれている。

Java版とKotlin版とがあるんだけれど、Java版のサンプルコードは結構充実してきている。試しに

最近公開されたiOS向けコードを眺めてみると、@ObjCClassName("NavigationController")とか@Selectorとかアノテーションを駆使したコードになっていて、ドキュメントが充実してくれば、けっこう見通しよく開発できそうな感じ。


What's next!?

さて、今後はどうなるのか。随時注視していきたい、と思っている...のだけれど、当方は少なくとも今後半年は通常のAndroid案件で手一杯の模様。

どなたか、しっかりしたウォッチャーが現れてくれることに期待しつつ、現状報告を終える。