Help us understand the problem. What is going on with this article?

mavenのインハウスリポジトリを作るよ

More than 5 years have passed since last update.

たまに、mavenのリポジトリに無いライブラリとかありますよね?
または、既存ライブラリをオレオレ用にどうしても修正しなくなってはならなくなってしまったとき。

install:install-file

そんな時はローカルのjar に対して、

mvn install:install-file -Dfile="httpclient/r10949/httpclient.jar" -DgroupId=new.gyu -DartifactId=httpclient -Dversion=r10949 -Dpackaging=jar

こんな感じにローカルにインストールすることで依存性が解決されます。

一人の時はこれでいいのですが、人数が増えてくるとメンバーに上記の手順をやらせるとかちょっとダサい。
そんな時には自社内にインハウスリポジトリを作るのがオススメです。

インハウスリポジトリを使う

インハウスリポジトリをつくる

インハウスリポジトリを作るのは簡単です。
普通にhttpアクセスできる場所を作ればOKです。

mvn.conf
Alias /mvnrepo/ "/home/mvn/repo/" 

<Directory "/home/mvn/repo">
    Options Indexes
    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>

例えばこんな感じ。

インハウスリポジトリにデプロイするための設定

デプロイ方法は http put ,WebDAV,SCP色々有るみたいですが、フツーscpでいいでしょう。

既存ライブラリを修正する場合

mvnプロジェクト化されているものをであればpom.xmlを修正します。

pom.xml
  <distributionManagement>
    <repository>
      <id>my.repo</id>
      <name>Inhouse</name>
      <url>scp://myserver/home/mvn/repo</url>
    </repository>
  </distributionManagement>

     :
<build>
    <extensions>
      <extension>
        <groupId>org.apache.maven.wagon</groupId>
        <artifactId>wagon-ssh</artifactId>
        <version>2.5</version>
      </extension>
    </extensions>
</build>

※ wagon というプラグインを使わないとSCPでのアップロードはできないようで。。

有り物のjarを登録したい場合

mvn deploy:deploy-file -Durl=scp://xxx.xxx/home/mvn/repo \
                       -DrepositoryId=my.repo \
                       -Dfile=./httpclient.jar \
                       -DgroupId=new.gyu\
                       -DartifactId=httpclient \
                       -Dversion=r10949  \
                       -Dpackaging=jar

これでインハウスリポジトリ用のサーバにアップロードされます。

インハウスリポジトリを使う

俺のプロダクトのpom.xml に

pom.xml
<repositories>
        <repository>
            <id>my.repo</id>
            <name> Inhouse</name>
            <url>http://xxx.xxx.xx/mvnrepo/</url>
        </repository>
</repositories>

を足せば、このリポジトリも探しに行ってくれます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away