Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ignite UI for Angular のバージョニングについて

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Ignite UI for Angular は修正や機能追加を継続して実施する継続的デリバリー (Continuous Delivery) を採用しており、非常に短いスパンでアップデートを実施しています。セマンティック バージョニングとは若干異なるバージョニングなので、混乱しやすいかもしれません。
下記の Wiki に Ignite UI for Angular のバージョニングについて解説されていますので日本語の説明を作りました。

GitHub – Ignite UI for Angular versioning

注:このバージョニング規約は 4.x.x 以降が対象となります。(4系はIgnite UI JSBlocksという名前のパッケージです)

バージョン規約

<Angular Major>.<Major>.<Minor>

<Angular Major> は Ignite UI for Angular がサポートする Angular のバージョンを示しています。現在、Angular のメジャーバージョンが 6 なので、Angular 6 系をサポートする Ignite UI for Angular のバージョンは 6 から始まります。

<Angular Major>.<Major>.<Minor>

<Major> は Ignite UI for Angular のメジャー バージョンを指し示します。このバージョンが上がる際には機能追加や重大な変更が含まれることがあるため、過去のバージョンとの互換性が失われている可能性があります。

例) Ignite UI for Angular 6.0.x と今後リリースされる 6.1.x には互換性がない可能性があります。(過去のリリースの例:5.2.0 リリースノート)

<Angular Major>.<Major>.<Minor>

<Minor> はマイナー アップデートパッチ更新を含み、同じメジャー バージョンとの互換性を保つように実装されています。

ベータ版の場合

ベータ版には –beta が付与されているため、一目で判別できるようになっています。また、正式版のリリースまでより細かくリリースを行う場合があるため、<Patch> が付与されます。(例: 5.2.0-beta.0)

<Angular Major>.<Major>.<Minor>-beta.<Patch>

シナリオ

  • 5.y.z → 6.y.z : サポートする Angular のバージョンが変更された。重大な変更が含まれる可能性がある
  • x.1.z → x.2.z : Ignite UI for Angular の機能追加、向上が行われた。重大な変更が含まれる可能性がある
  • x.y.1 → x.y.2 : Ignite UI for Angular のマイナー更新、あるいはパッチ修正が行われた。y というメジャーバージョン内では互換性が保たれている。
  • x.y.z-beta.0 : x.y.z のベータ版。バージョン x.y.z が後日リリースされる。

おわりに

通常のセマンティック バージョニングとは少し異なるため、わかりにくいよーと思っとります。

Neri78
Twilioでデベロッパーエバンジェリストをしています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした