Edited at

VSCodeの設定画面(JSON)を表示させるショートカットの設定

みなさん、VS Code 使ってますか?

フォントの大きさやTabのスペースの数など、設定で変更したいことがいくつかありますよね。

VSCodeにある様々なプラグインの追加設定なども設定画面から行えます。

プラグインの追加設定の方法などを見ると、User SettingsやWorkspace SettingsのJSONファイルを直接いじっている所が殆どだと思います。

その、JSONファイルの開き方ですが、まず左下の:gear: アイコン、または⌘+, (Ctrl+,)でVSCodeの設定画面のUIが開けます。

そこから、 右上の{}アイコンをクリックすることで設定がJSONフォーマットで編集できるようになります。

ただ、毎回 {} アイコンをクリックしに行くのはめんどうくさい‥

今回はVSCodeの設定をJSONフォーマットで開く為のショートカットの設定方法について記載します。


キーボードショートカット一覧の表示



  • Code > Preferences > Keyboard Shortcutでキーボードショートカットの一覧が表示されます。



    • ⌘+K ⌘+S(Ctrl+K Ctrl+S)でもショートカットの一覧が表示されます。



  • 検索画面でSettingsと入力してください


  • Open Settings (JSON)というコマンドが表示されます。

  • デフォルトではなんのキーもアサインされていないので、好きなショートカットを設定しましょう。

  • 個人的には設定画面のUIは使わないのでもともと設定UIを開く⌘+,を上書きして使っています
    (同じキーバインドが複数ある場合、Userが設定されたキーバインドが優先されます)

これでらくらくVS Codeの設定がいじれます!