Edited at

なんでwebアプリ開発者はIPv6に対応させないの?対応した結果アクセス結果の3割はIPv6経由だったけど

webアプリ開発をしていますが、自分のwebアプリケーションをIPv6アクセスに対応させました。


どれくらいのアクセスがIPv6になったの?

Google Analytcisのカスタムディメンション機能とjavascriptを使って実際どのくらいのアクセスがIpv6でアクセスしてくるか見てみました。

そうすると、全体で約3割がIPv6アクセスでした。(1日6000くらいのユーザー数は最低でもいるので毎日そんなに比率はブレません)

また、スマートフォンであっても、PCでも比率はほぼ同じです。

知らぬ間にスマートフォンもIPv6アクセスが増えているようです。


IPv6のメリットは?

IPv6に対応してもユーザーメリットないんじゃね?ってよく聞きますけど、例えば家にフレッツ光引いてるユーザーがいて、wi-fi経由でスマホにてアクセスしている場合、網終端装置のつまりによりIPv4アクセスだと重い可能性があります。

その場合、IPv4にしかwebアプリが対応していないと、IPoE対応のルーターを入れていない限り遅いはずです。ここにいるようなリテラシーが高い人はIPoEを導入しているでしょうが、一般の人はあまり導入していないと思っています。そんな場合でもIPv6でサービスを提供していれば、IPv6のアクセスは混んでいないので早いのでは?と考えています。

(私の家の環境では、IPoE非対応のルーターでもGoogleはIPv6経由なのかサクサク、それ以外のサービスが遅いとか起きていました)

一応そうすればカスタマーエクスペリエンスは向上するのでは?と考えています。


導入大変なんじゃないの?

サーバー側でIPv6に対応する設定とネームサーバーの設定を入れるだけで対応できました。

cakephp2系でアプリケーション作っていますが、アプリ側の対応はほぼ不要でした。

(唯一対応が必要だったのが、書き込み元IPを記録するデーターベースの対応文字数を拡大すること...でした)


みんななんで対応しないの?

別に設定大変じゃないしなぜみなさん対応しないんでしょう...?

それとも私は何か重大な見落とし(=デメリットに気づいていない)しているのでしょうか...?