Xamarin

Visual Studio Emulator for Android も捨てたもんじゃない

More than 1 year has passed since last update.

Visual Studio Emulator for Android も捨てたもんじゃないと思うのですが、最近 HAXM 推しの方が増えている気がするんですよね。ここでは敢えて Visual Studio Emulator for Android について書きたいと思います。

公式ドキュメント

公式ドキュメントはこのあたりになると思います。

Visual Studio Android Emulator - Xamarin Developer Center

:-) Hyper-V と両立できる

Visual Studio Emulator for Android は Hyper-V でできています。したがって、もともと Hyper-V を利用している場合には迷わずこっちでしょう。私の場合 Win 8.1 をホストにして 7 や 10 を乗っけていました。

一方、 HAXM は Hyper-V と両立できません。 HAXM が必要なときは Hyper-V を一旦切ることになります。ちなみに、 Hyper-V を ON / OFF するには Nuits さんの HyperV-Switch が便利です :)

:-| 仮想マシン上で使えない

Hyper-V の上というか中では:

  • Visual Studio Emulator for Android は使えません。 '孫' 仮想マシンが作れないので。
  • HAXM も動きません。仮想化技術が利用できないので。
  • 遅い方の Android Emulator だけが使えます。

:-( Home Edition だと使えない

Home Edition だと、そもそも Hyper-V が使えないので。

:-| IP アドレスが別に取られる

仮想マシンなので、IP アドレスは別です。会社で新しく IP アドレスを取るのに申請を回さなきゃいけなかったりすると、ちょっと面倒かもしれません。

:-| 油断するとメモリが足りなくて起動できない

仮想マシンに割り当てるメモリを起動時にがっつり取ります。足りないときは、ブラウザで開き過ぎたタブを閉じるとか、Visual Studio をいったん閉じて Hyper-V Manager で先にエミュレーターを立ち上げるとかすることになります。

:-) インストールが簡単

人によるのかもしれませんが、Visual Studio と一緒にインストールしてから実行まで、私は特に引っかかるところはありませんでした。

:-) 速い

遅い方の Android Emulator と比べたら断然速いです。速い方 (HAXM) よりも速いんじゃないですか?

:-( 対応 Android OS は 4.4 ~ 6.0

現時点では 7.0 / 7.1 Nougat に対応していません。 Android Emulator / HAXMでやるしかありません。

:-| Portrait の写真が撮れない

せっかく画面の回転はできるのに、写真は必ず Landscape で保存されるみたいなんですよね。 Android Emulator でも同様です。実機の出番です。

:-| ときどきキーボードがきかなくなる

そういうときはエミュレーターを再起動します。ソフト キーボードをポチポチするのは耐え難い :(

:-D Shift + 2 で '@' を入力する癖がついてしまう

アプリを開発していて、メールアドレスを入力する場面があると、デバッグで何度も入力することになります。普段は日本語キーボードで右の方にいる '@' ですが、エミュレーターは英語キーボードで Shift + 2 になります。これに慣れ過ぎてしまって、ちょっと混乱するのです。

普段から英語キーボードを使うようにすればいいのかな...