Help us understand the problem. What is going on with this article?

WindowsからRaspberry Pi 3 Model B+にリモート接続する

Windows(やMac等)からRaspberry Piにリモート接続する場合、SSH接続とVNC接続の2つの接続方法があります。SSH接続は主にCLI環境、VNC接続は主にGUI環境(リモートデスクトップ接続のようなイメージ)になります。これができるようになると、HDMIケーブルやキーボード、マウス等が不要になりほぼワイヤレスのRaspberry Pi環境が構築できます。

環境

  • Windows10 Home
  • Raspberry Pi 3 Model B+
  • Raspbian

Raspberry Pi側の設定

Raspberry Piの設定ウィンドウを開き「インターフェース」タブから、SSHとVNCを有効にします。
1.PNG

Raspberry PiのIPアドレスを確認

Raspberry Piでコンソールを開き、ifconfigコマンドを入力します。
2.PNG
inetのところに表示されたアドレスがRaspberry PiのIPアドレスになるのでこれを控えておきます。
※私の環境は無線LAN環境なのでwlan0がそれに該当します。有線LANの場合はeth0がそれに該当します。

SSHで接続

以下のサイトからSSHでの接続ツール「Tera Term」をダウンロード&インストールします。
https://ja.osdn.net/projects/ttssh2/releases/
※バージョンは最新版で問題ないと思います。
インストールが完了したらTera Termを開き、「Raspberry PiのIPアドレスを確認」で控えておいたIPアドレスを入力しSSH接続します。
3.PNG
※ここでセキュリティ警告が出ることがあるかもしれませんが、その場合「続行」で構いません。

Raspberry Piのユーザー名とパスワードを聞かれるので、自分で設定しているものを入力します。
4.PNG

以下のようにプロンプトが表示されれば接続成功です。
5.PNG

VNC Viewerで接続

次にVNC接続です。Windowsのリモートデスクトップ接続でも良いのですが、そちらだと動きがかなりモッサリするので、VNC Viewerを利用して接続します。以下よりVNC Viewerをダウンロード&インストールします。
https://www.realvnc.com/en/connect/download/viewer/windows/
インストールが完了したらVNC Viewerを開き、「Raspberry PiのIPアドレスを確認」で控えておいたIPアドレスを入力します。
6.PNG

Raspberry Piのユーザー名とパスワードを聞かれるので、自分で設定しているものを入力します。
578.PNG

以下のようにRaspberry Pi側のデスクトップが表示されれば成功です。
3333.PNG

以上です。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away