Posted at

WindowsからRaspberry Pi 3 Model B+にリモート接続する

Windows(やMac等)からRaspberry Piにリモート接続する場合、SSH接続とVNC接続の2つの接続方法があります。SSH接続は主にCLI環境、VNC接続は主にGUI環境(リモートデスクトップ接続のようなイメージ)になります。これができるようになると、HDMIケーブルやキーボード、マウス等が不要になりほぼワイヤレスのRaspberry Pi環境が構築できます。


環境


  • Windows10 Home

  • Raspberry Pi 3 Model B+

  • Raspbian


Raspberry Pi側の設定

Raspberry Piの設定ウィンドウを開き「インターフェース」タブから、SSHとVNCを有効にします。

1.PNG


Raspberry PiのIPアドレスを確認

Raspberry Piでコンソールを開き、ifconfigコマンドを入力します。

2.PNG

inetのところに表示されたアドレスがRaspberry PiのIPアドレスになるのでこれを控えておきます。

※私の環境は無線LAN環境なのでwlan0がそれに該当します。有線LANの場合はeth0がそれに該当します。


SSHで接続

以下のサイトからSSHでの接続ツール「Tera Term」をダウンロード&インストールします。

https://ja.osdn.net/projects/ttssh2/releases/

※バージョンは最新版で問題ないと思います。

インストールが完了したらTera Termを開き、「Raspberry PiのIPアドレスを確認」で控えておいたIPアドレスを入力しSSH接続します。

3.PNG

※ここでセキュリティ警告が出ることがあるかもしれませんが、その場合「続行」で構いません。

Raspberry Piのユーザー名とパスワードを聞かれるので、自分で設定しているものを入力します。

4.PNG

以下のようにプロンプトが表示されれば接続成功です。

5.PNG


VNC Viewerで接続

次にVNC接続です。Windowsのリモートデスクトップ接続でも良いのですが、そちらだと動きがかなりモッサリするので、VNC Viewerを利用して接続します。以下よりVNC Viewerをダウンロード&インストールします。

https://www.realvnc.com/en/connect/download/viewer/windows/

インストールが完了したらVNC Viewerを開き、「Raspberry PiのIPアドレスを確認」で控えておいたIPアドレスを入力します。

6.PNG

Raspberry Piのユーザー名とパスワードを聞かれるので、自分で設定しているものを入力します。

578.PNG

以下のようにRaspberry Pi側のデスクトップが表示されれば成功です。

3333.PNG

以上です。