新人教育
新人
未経験
新人プログラマ応援

過去4年間新人プログラマの育成をしてみて最低限コレだけは出来るようになっておいた方が良いと思ったこと

はじめに

本記事は、過去4年間新人プログラマを見てきた中で感じたことです。配属前に身につけられなくても、配属後に少しずつ身につけていけばよいので必須ではないです。ただ、事前に多少なりとも身につけておくことで、配属後の業務が効率的になると思います。

ブラインドタッチを覚えてタイピング速度を速くする

ブラインドタッチとは、キーボードのキーを見ずにタイプすることです。まずこれは、ある程度練習すれば誰でもできるようになります(自分の場合は、新人の頃に毎日30分と時間を決めて帰宅後に家PCで練習していました)。ですので、最初は窮屈かもしれませんが変な癖がつく前にこれを覚えてタイピングが速くできるようになるとよいと思います。タイピングが速くできるようなることで以下のメリットがあります。

1. 生産性が向上する

当然ですが、生産性(ここでは作業のスピードと捉えて構いません)が向上します。手元を見ながら入力→入力した文字をディスプレイで確認、また手元を見ながら入力→入力した文字をディスプレイで確認、を繰り返していると、視線移動が何度も発生しその分作業に時間がかかってしまいます。プログラマはプログラムを書くだけでなく、ドキュメント(設計書、テスト仕様書、手順書等)も書いたりもします。プログラムを考えたり、設計を考えたり、テスト仕様書の記載内容を考えたりするのに時間がかかってしまうのは仕方のないことですが、ブラインドタッチができるようになることでそれらを書くスピードはグンっと上がります。

2. タイプミスが減りミスに気づきやすくなる

意外かもしれませんが、ブラインドタッチに慣れてくるとタイプミスが減ります。これは、ブライドタッチではホームポジションに指を置き、決められた指で無駄なく正しくキーを押すことができるためです。また、キーボードを見ずに画面を見ながら文字を入力するので、入力ミスや変換ミスにすぐに気づくことができます。
以下参考記事です。もう少し詳しく知りたい、ブラインドタッチの練習したい、という方は是非読んでみてください。
圧倒的な生産性を!プログラマーが実践すべきタイピング向上法
入社前にタイピング速度を上げよう
タッチタイピングとは? 練習して極めたら人生が変わるスキル
これぞ最速!無料でできる効率の良いブラインドタッチタイピング練習法。初心者にオススメな6つの上達のコツ

ショートカットキー

これも、ブラインドタッチを覚えてタイピングを速くするの生産性の向上に関わってくるところです。例えば、コピー&ペーストを「右クリック → コピー」「右クリック → 貼り付け」とするのと、ショートカットキーを使って「Ctrl + C」「 Ctrl + V」とするのとでは、時間としては数秒の違いかもしれませんが、(塵も積もれば山となるではないですが)こういった少しの時間が積み重なってくると、トータルでの時間差は結構なものになります。ですので、これも最初は窮屈かもしれませんが、生産性を向上させるために常日頃からショートカットキーを使う癖をつけて体で覚えてしまいましょう。
以下参考記事です。最低限これくらい覚えてしまえば大丈夫です。
SEが使う Windowsのショートカット 厳選10個
Windowsのショートカットキーで仕事効率アップ!

Excel

最近のIT業界では、Excel方眼紙はイケてない的な風潮があります。
Excel方眼紙をどうやってやめさせられるかを考えてみる
Excel方眼紙は悪なのか?
Excel方眼紙とかいう日本社会の闇
ただ、実情はどうかというと、今でもかなりの現場でExcelは使われています。(現場によると思いますが)特に設計書、テスト仕様書、手順書の類のものはExcelが多用されています。私の現場でも、Excelはちょっと、、みたいな雰囲気はあるものの、見積もり書やテスト仕様書なんかはExcelを使っています。
※個人的には使いどころを間違えなければ重要なソフトだと思っています。
正直、これを推すのはどうかなと、、とも思ったのですが、使えるに越したことはないのであえて挙げました。最初は、MOSのスペシャリスト(一般)に合格するくらいのレベルまであれば十分かと思います。
MOSのスペシャリスト(一般)試験概要

自主的に学習する癖

これは意識的な話になると思います。おそらくどこの会社も、入社後数か月は研修期間というものを設けていて、その期間で実務に最低限必要な技術や知識の教育を受けてもらっています。ただ、移り変わりの早い業界なので、いつ何が起こるか分かりません(明日会社が倒産します、、みたいなケースも考えられます)。そのため、個人は企業のために教育を受けるというより、自身の目指すキャリアを考えて自主的に学習するということが必要となってきます(つまり、どこの会社、どこの現場でも通用するような技術・知識が必要となってきます)。自主的な学習というのは、人それぞれ人生の価値観に関わってくる所があるので強制はできませんが、エンジニアとして成長したいという強い想いのある方は是非身につけてもらいたいと思います。
この件に関しても、過去に色々な人が以下で記事を書いているので、詳細はそちらに譲ろうかと思います。
業務時間外で勉強をしなければいけない理由
エンジニアが勉強し続ける理由
成長したいエンジニアへ、「時間がない」を言い訳にしない勉強方法とは
よく言われるけど、業務時間外に勉強しない人はITエンジニア失格なの?
勉強しないエンジニアは淘汰されていくの?意識低い系を卒業できる考え方とは

新人プログラマ関連

最後に、新人プログラマ向けに過去にもいくつか投稿しています。興味のある方は覗いていただけたらと思います。
新人プログラマが現場に配属されてエラーに遭遇した時の正しい対応
新人プログラマがまずは身に付けたいプログラマ脳
コピペプログラミングの本当のダメな理由
独自の例外クラスを複数作る理由
コードの不吉な臭い
Web APIとは何なのか
以上です。