Help us understand the problem. What is going on with this article?

ubuntuでマウスホイールのスクロール量を設定する[imwheel]

0. この記事を作成するにあたっての動作環境

  • UbuntuMATE 18.04.2
  • Ubuntu ユーザーならこれを見れば大体はできるだろう、くらいのつもりで書いています。

1. imwheel をインストールする

普通のLinuxユーザーはここでコマンド叩くんだけども、自分は「GUIでやれることはGUIでやれ派」なので、GUIパッケージマネージャー "Synaptic" を使います。

Synaptic から imwheel を適当に検索して適当にインストールしてください。

Synaptic をインストールしていなかったらさっさとインストールしましょう。デフォルトで入っている "ソフトウェア" や "Software Boutique" からインストールできます(これらから imwheel インストールは無理)。

2. ~/.imwheelrc を編集する(not管理者権限)

ホームディレクトリに設定ファイル ".imwheelrc" を作って編集する、ということでテキストエディタを使って以下のように書きます。

~/.imwheelrc
".*"
None, Up,   Button4, 3
None, Down, Button5, 3
  • 設定ファイルのユーザーは一般ユーザーで。管理者で編集してはいけない。
  • そんなわけなので、使用するエディタはなんでも良い。vim でも gedit でも Pluma でも好きなものを使うこと。
  • 書式は以下のような感じの模様(※ちゃんとしたことを知りたいなら各自調べてください)
    • 最初の行はアプリの指定。この例の場合は「全てのアプリで」。
    • アプリ指定行以下に挙動の設定を書いていく。
      • 行の1番最初の要素(Noneの部分)はキーボードの操作。「このキーを押しながら」みたいな。
      • 2番目はマウスホイールの操作。Upは上回転、Downは下回転。他にもあるかも。
      • 3番目は「どのキーを押した時の動きをするか」。Button4は上キー、Button5は下キーを押した時相当の挙動と思われる。
      • 最後の数値は倍率。3としたら3倍の量で動く。画面スクロール速度で言えば3倍早くスクロールする。
    • 複数のアプリで別々の設定をしたい場合は、1行開けてアプリ指定から同様に書いていく。
  • ファイル名を"~/.imwheel"としている記事もあるけど、それは誤り。ここで書いた通り"~/.imwheelrc"とすること。

3. imwheel の起動と停止

これらは流石にコマンドで。

起動は単純に "imwheel"。

$ imwheel

imwheel を起動すると、~/.imwheelrc で書いた設定の通りにマウスホイールによるスクロール速度が速くなる。

停止するときは無理やりプロセスを kill する。

$ killall imwheel

4. 自動起動設定

  1. 「メニュー」から「コントロールセンター」を起動して、「ユーザー向け」グループにある「自動起動するアプリ」をクリックして、設定画面を立ち上げる。
    • 「これじゃわからん!!」という方はターミナルから"gnome-session-properties" と打ってコマンドを実行し画面を立ち上げてください。このへん、環境によって全然違うと思うので。
  2. 「自動起動するアプリの設定」が立ち上がったら、「追加」ボタンをクリックする。
    自動起動.png
  3. プログラム追加の画面で以下のように設定して「追加」ボタンをクリックする。
    • 名前 ... 任意(ここでは"imwheel")
    • コマンド ... "imwheel"
    • 説明 ... 任意(ここでは空欄)
      自動起動追加.png
  4. 以上で自動起動設定は完了。再起動してマウスロールによる画面スクロールが速くなっていたら成功。

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした