nginx
centos7

CentOS7 に nginx導入

More than 1 year has passed since last update.


リポジトリの設定

リポジトリを追加するので nginx.repo のファイルを作成

$ sudo vi /etc/yum.repos.d/nginx.repo


nginx.repo

[nginx]

name=nginx repo
baseurl=http://nginx.org/packages/mainline/centos/7/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1


インストールと起動

nginxをインストール

$ sudo yum install nginx
バージョンの確認
$ nginx -v
自動起動設定
$ sudo systemctl enable nginx
起動
$ sudo systemctl start nginx


デフォルトページの確認

表示の確認をする。 http://サーバーのアドレス/

スクリーンショット 2017-03-23 午前10.51.21.png

上記の index.html のデフォルトのパス

/usr/share/nginx/html/index.html

nginx の設定ファイルのパス

/etc/nginx/conf.d/default.conf


簡単なリバースプロキシ

/etc/nginx/conf.d 以下に XXX.confという命名でファイルを作成する

ココでは server.conf とし、80 番で受けたリクエストを 8000 番に転送する

$ sudo vi /etc/nginx/conf.d/server.conf

server {

listen 80;
# アクセス可能なIPアドレス、もしくはドメイン
server_name hogehoge.com;
proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
proxy_set_header Host $http_host;
proxy_redirect off;
proxy_max_temp_file_size 0;
location / {
proxy_pass http://localhost:8000;
}
}


nginx基本コマンド

起動

$ sudo systemctl start nginx
停止
$ sudo systemctl stop nginx
再起動
$ sudo systemctl restart nginx
再起動しても設定ファイルが反映されない場合など
$ sudo nginx -s reload
状態の確認
$ sudo systemctl status nginx