LoginSignup
115

More than 5 years have passed since last update.

CentOS7 に nginx導入

Last updated at Posted at 2017-03-23

リポジトリの設定

リポジトリを追加するので nginx.repo のファイルを作成
$ sudo vi /etc/yum.repos.d/nginx.repo

nginx.repo
[nginx]
name=nginx repo
baseurl=http://nginx.org/packages/mainline/centos/7/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1

インストールと起動

nginxをインストール
$ sudo yum install nginx
バージョンの確認
$ nginx -v
自動起動設定
$ sudo systemctl enable nginx
起動
$ sudo systemctl start nginx

デフォルトページの確認

表示の確認をする。 http://サーバーのアドレス/
スクリーンショット 2017-03-23 午前10.51.21.png
上記の index.html のデフォルトのパス
/usr/share/nginx/html/index.html
nginx の設定ファイルのパス
/etc/nginx/conf.d/default.conf

簡単なリバースプロキシ

/etc/nginx/conf.d 以下に XXX.confという命名でファイルを作成する
ココでは server.conf とし、80 番で受けたリクエストを 8000 番に転送する
$ sudo vi /etc/nginx/conf.d/server.conf

server {
     listen 80;
     # アクセス可能なIPアドレス、もしくはドメイン
     server_name hogehoge.com;
     proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
     proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
     proxy_set_header Host $http_host;
     proxy_redirect off;
     proxy_max_temp_file_size 0;
     location / {
        proxy_pass http://localhost:8000;
     }
}

nginx基本コマンド

起動
$ sudo systemctl start nginx
停止
$ sudo systemctl stop nginx
再起動
$ sudo systemctl restart nginx
再起動しても設定ファイルが反映されない場合など
$ sudo nginx -s reload
状態の確認
$ sudo systemctl status nginx

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
115