Git
GitHub
git-it

Gitのコマンド(初心者向け)

More than 1 year has passed since last update.

これまでGitを触ったことがなく、Gitの操作を勉強しようと思いGit-itを使用してみたので、
その際に使用したコマンドをメモとして書きます。
Git-itは以下のページからダウンロード
https://nodeschool.io/index.html

コマンド一覧

※コマンドの<>は入力不要

Gitの設定

  • バージョンの確認
    git --version

  • 名前の設定
    git config --global user.name "<任意のユーザ名>"

  • Eメールアドレスの設定
    git config --global user.email "<任意のメールアドレス(xxxxxx@xxx.xxx)>"

  • Gitリポジトリの作成
    git init

Gitの更新

  • ファイルの変更確認/現在のブランチ確認
    git status

  • コミット対象ファイルの指定(個別)
    git add <ファイル名>

  • コミット対象ファイルの指定(全て)
    git add .

  • Gitリポジトリへ保存
    git commit -m "変更の説明文"

  • ファイルの変更内容の確認
    git diff

GitHubの設定

  • GitHubユーザの設定
    git config --global user.username <GitHubのユーザ名>

  • GitとGitHubのリモート設定(追加)
    git remote add <※任意のリモートサーバ名> <GitHubのリポジトリのURL>
    ※メインのリモートサーバにはoriginをつける慣習がある

  • GitとGitHubのリモート設定(変更)
    git remote set-url <リモートサーバ名> <GitHubのリポジトリのURL>

  • リモートの設定を確認
    git remote -v

GitとGitHubの連携

  • Gitの内容をGitHubに送信(Push)
    git push <リモートサーバ名> <Gitのブランチ名>

  • GitHubのリポジトリをローカルにクローン
    git clone <GitHubのリポジトリのURL>

  • GitHubの変更を取得(pull)
    git pull <リモートサーバ名> <ブランチ名>
    変更がない場合は「Already up-to-date」と表示される

  • GitHubの変更を確認
    git fetch --dry-run

Gitのブランチ操作

  • Gitのブランチの作成
    git branch <任意のブランチ名>

  • Gitのブランチの切り替え
    git checkout <ブランチ名>

  • Gitの現在のブランチのブランチ名の変更
    git branch -m <変更後のブランチ名>

  • Gitのブランチ一覧を表示
    git branch

  • Gitのブランチをマージする
    git merge <ブランチ名>

  • Gitのブランチを削除
    git branch -d <ブランチ名>

  • GitHubのブランチを削除
    git push <リモートサーバ名> --delete <ブランチ名