Groovy
効率化
soapui
共通化

SoapUI Community Edition での Groovy コードの共通化

More than 1 year has passed since last update.

SoapUIというテスト自動化ツール

SoapUIというツールがある。
これは、元々SOAPの電文をテストする場合に、WSDLというSOAPの定義を元に簡単にテストケースを自動生成して自動テストできるようにしたツールだが、REST APIのテストにも対応している。
Javaで作られたOSSで、テストケースの合間にGroovyにてコードを書けばGroovyで自動化できることは全てできる。
このツールは、時代の流れによりSwagger対応し、RESTAPIをテストできるようになった。

事の発端

SoapUIではテストスイート(TestSuite)とテストケース(TestCase)があり、テストケースをまとめた物がテストスイートである。
このSoapUIを使用して REST APIをテストするにあたり、Groovyで良く書くコードは共通化しない限り 同じコードがテストケースに散在し、このコードが間違っていると全てのテストケースを修正しなくてはならない。
そこでSoapUIでのテストケースでコードを共通化する方法を調べた。

最終的なイメージ

Groovyで共通コードをクラスとしてインポートし、使用する。

image.png

手順概要

  • Groovyをインストール
  • JavaSDKをインストール
  • groovyc にて のクラスをコンパイル
  • コンパイルしたGroovyのクラスをjar でアーカイブ
  • 作成した jar のアーカイブを SoapUIインストールフォルダの bin/ext に配置

こんな簡単な手順でGroovyのコードが共通化できるので、お試しあれ。