Posted at

Pacmanの使い方

More than 3 years have passed since last update.


Pacmanの使い方


この記事について

パッケージマネージャpacmanの使い方を紹介します。

こちらのサイトを翻訳した内容となっています。

pacmanはArch系のLinuxディストリビュージョンで使用されるパッケージマネージャです。

yum、aptにならぶメジャーなパッケージマネージャとして有名です。


ミラーの最適化

初期状態のPacmanはかなり遅いです。

これは、参照しているミラーが地理的に遠くのサーバになっているからです。

そこで、参照するミラーを変更する必要が出てきます。

ミラーの最適化を自動的に実行するには以下のコマンドを使用します。



sudo pacman -g



これによりパッケージのダウンロードをするミラーの優先順位を最適化し、ダウンロードが速くなります。


レポジトリとの同期

レポジトリとの同期には-Syyオプションを使います。これはaptでいうapt-get updateに相当します。

sudo pacman -Syy

同時にソフトウェアのアップグレードを実行するには



sudo pacman -Syyu



を実行します。


レポジトリのソフトウェアの検索

レポジトリのソフトウェアの検索には-Ssオプションを使います。

pacman -Ss [検索したいソフトウェアパッケージ名]


ローカルのソフトウェアの検索

ローカルにインストールされたソフトウェアの検索には-Qsオプションを使います。



pacman -Qs [検索したいソフトウェアパッケージ名]



より詳細を知りたい場合は-Qiオプションを使います。



pacman -Qi [検索したいソフトウェアパッケージ名]



更に詳細を表示したい場合はiを増やします。



pacman -Qii [検索したいソフトウェアパッケージ名]



ローカルにインストールされたソフトウェアをすべて羅列するには-Qlオプションを使います。



pacman -Ql


依存関係の表示

パッケージの依存関係を表示するにはpctreeコマンドを使います。



pctree [調べたいパッケージ名]


孤児パッケージの表示

どのパッケージからも依存されていないパッケージを孤児パッケージ(勝手に命名。原文ではOrphans)といいます。孤児パッケージの表示には



pacman -Qdt



孤児パッケージをすべて削除するには以下のコマンドを使います。



sudo pacman -Rs $(pacman -Qdtq)


パッケージのインストール

パッケージをインストールするときは-Sオプションを使います。



sudo pacman -S [パッケージ名]



パッケージをインストールせず、ダウンロードだけするときは



sudo pacman -Sw [パッケージ名]



を使います。

ローカルにあるパッケージからインストールする-Uオプションを使います。



sudo pacman -U [パッケージのパス][パッケージ名]



URLを使えばネットにあるパッケージをインストールできます。



pacman -U http://www.examplepackage/repo/examplepkg.tar.xz


パッケージの削除

パッケージの削除には-Rオプションを使います。



sudo pacman -R [パッケージ名]



依存するパッケージを同時に削除するには



sudo pacman -Rs [パッケージ名]



を使います。

パッケージを削除する際にpacmanは念のためにバックアップファイルを作成します。それらを削除するには



sudo pacman -Rns



を使います。


キャッシュの削除

pacmanはパッケージをインストールする際一時的にパッケージをキャッシュします。

このキャッシュをクリーンアップするには



sudo pacman -Sc



を使います。完全に削除するには



sudo pacman -Scc



を使います。


アップグレードの例外を追加

アップグレード対象からパッケージを除外するには、/etc/pacman.confのなかにある。



IgnorePkg=[パッケージ名]



にパッケージ名を追加します。


小ネタ


さらなる高速化

pacmanに組み込まれたダウンローダではなく他のダウンローダを使うことによってpacmanを高速化できます。ここではaria2を使ったpacmanの高速化を紹介します。

まずaria2をインストールします。



sudo pacman -S aria2



それから、/etc/pacman.confを書き換えてaria2を使用するようにします。

[options]セクションの下記の行を変更します。



XferCommand = /usr/bin/aria2c --allow-overwrite=true --continue=true --file-allocation=none --log-level=error --max-tries=2 --max-connection-per-server=2 --max-file-not-found=5 --min-split-size=5M --no-conf --remote-time=true --summary-interval=60 --timeout=5 --dir=/ --out %o %u


pacmanのプログレスバーをpacmanにする

/etc/pacman.confの#Misc optionsセクションに下記の行を追加します。

# Misc options

#UseSyslog
#UseDelta
#TotalDownload
CheckSpace
#VerbosePkgLists
ILoveCandy