Edited at

Railsのルーティング早見方法 (peco)

More than 3 years have passed since last update.


Railsのルーティング早見方法

Railsのルーティング自体は非常に便利です。resourcesなどの簡潔な記述によって、キレイで開発者にもユーザーにもフレンドリなURLを生成してくれます。

しかしRoutes.rbがresources,member,collectionやらでネストしてどんどんカオスな状態になっていった時、生成されたURLがわからなくなってしまう時があります。

そんなときに便利なのがpecoというツールです。

https://github.com/peco/peco

通常のrake routesだと結構見にくい出力になってしまいますが、pecoを導入することによって生成されたURLが整列されて表示、そして検索クエリも投げることもできます。


Install

installはMacであればHomebrewのbrew install pecoでOK。


実行

rake routes | pecoを実行してみましょう。

image

生成されたルーティングでbooksが入っているものを知りたければ、booksというクエリを投げるだけで使用できるルーティングが検索できます。

image

それでは、快適なRailsライフを :)