Help us understand the problem. What is going on with this article?

Redmineのガントチャートの日付表示

More than 1 year has passed since last update.

Redmineのガントチャートに日付表示のプラグインを入れたときのメモ。

環境

  • OS : CentOS 6.4
  • Redmine : 2.6.0

変更前

ガントチャート表示したとき、日付が表示されず、1/1起点の何週目かという表示になっている。
分かりづらい。

ガントチャートbefore.jpg

(追記)
Redmine 3.2.0以降は、プラグインをインストールしなくても日付表示されるようになりました。
http://blog.redmine.jp/articles/3_2/gantt-day/

プラグイン

以下のプラグインをインストール。
https://github.com/vividtone/redmine_gantt_with_date

README.rdocに

Compatible
Only => 2.4.X

と書いてあるので、バージョン2.4以上のRedmineであれば問題なさそう。

インストール方法

  • プラグインのサイトで「Download ZIP」ボタンをクリックし、zipファイルをダウンロードする。
  • ダウンロードしたzipファイルを、Redmineのプラグインディレクトリに展開。
    自分の環境だと、/opt/redmine-2.6.0-1/apps/redmine/htdocs/pluginsになる。
  • 展開したディレクトリ名をリネーム。
    (zipから展開したディレクトリ名がプラグイン名と合わないので修正する)
# cd /opt/redmine-2.6.0-1/apps/redmine/htdocs/plugins
# mv redmine_gantt_with_date-master redmine_gantt_with_date
  • 以下コマンドを実行。
# cd /opt/redmine-2.6.0-1/apps/redmine/htdocs
# bundle exec rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production

コマンド実行するディレクトリ間違うと、bundleコマンドを実行したときに

Could not locate Gemfile

というエラーが出るので注意。(このエラーにしばらくハマった)

  • Redmine再起動。

変更後

ガントチャートを開くと、日付が表示されるようになってる。
プラグインの設定とか、プロジェクトに適用するプラグインの選択は不要。

ガントチャートafter.jpg

参考:
http://myumyu151.hatenablog.com/entry/2015/01/30/155133

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away